旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

カード

ホテル予約サイト「Booking.com」を国内ホテル予約でも活用








14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

海外旅行の際に現地のホテル予約によく使っていたのが「Hotels.com」と「Booking.com」。後者の「Booking.com」は現地払いにできるホテルが多く、またこじんまりした小規模のホテルを予約できるのでよく使っていました。

そんなことから取得したカードが三井住友カード社から発行されている「Booking.comカード」。このカード、あまり世間で話題にならないのですが、月間利用金額の1%がキャッシュバック対象になって、海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険も利用付帯、それでいて年会費無料なので隠れた名カードではないかと思っています。


booking_com_card



特に1%のキャッシュバックは、ポイントの交換や「期間限定ポイントの消化」など面倒なことを考えなくてもよいので、カードを毎月継続して利用するのであれば、自動的に受けられる特典になっています。


booking_com_card_point



そしてこのカードの会員の特典として「Booking.com」の先着5万名「Genius」会員になれるというものがありました(この記事を書いている2021年4月時点では終了している模様)。


genius__



Genius会員になると、対象ホテルで10%オフになるので、おトク感が増します。そして自分はいつの間にやら「Geniusレベル2」になっていました。

「Geniusレベル2」になると、対象ホテルで15%オフになったり、無料で朝食が付くそうなのですが、そういったホテルはお高いホテルなのか、自分が予約ホテルではめったに遭遇しません。15%オフは恩恵に預かったことがありますが。


genius



2020年の都心のビジネスホテル宿泊でも、この特典を使ってお安くホテルに泊まることができました。

しかも「Booking.comカード」専用のリンクから宿泊予約すると、5%キャッシュバックになるのでさらにオトクです。この特典、実は「Booking.comカード」で宿泊代金の支払いをしているかどうかは関係がありません。キプロスに宿泊したホテルは「現金支払いのみ」でしたが、後日キャッシュバックされました。

国内宿泊では楽天トラベルやじゃらんがホテル宿泊予約サイトとしては強いと思いますが、自分はGenius特典を組み合わせて「Booking.com」も国内ホテル予約で活用しています。

新型コロナウイルスの感染拡大で、旅行業界は大打撃。この「Booking.comカード」もサービス終了してしまうのではないかと危惧しています。








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


1.5%キャッシュバックのスマホ決済が登場!?








13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。


TOYOTA wallet



存在は知っていたものの、今まで関心がなかったスマホ決済の「TOYOTA walletトヨタウォレット)」。それが俄然興味が湧いてきました。というのは、2021年4月13日から「iD/Mastercard」として利用すると、1.5%のキャッシュバックキャンペーンを始めたからです。

20210413cashback_campaign

※キャンペーンサイトはこちら


それまで、ポイント還元やキャッシュバックがなかったはずの「TOYOTA wallet」。それが突然「プリペイド型スマホ決済業界最高水準」として「毎日毎回1.5%キャッシュバック」キャンペーンを開始したのです。

このプリペイドカードの発行元は三井住友カード社。そして運営がトヨタファイナンシャルサービス社となっていて、「どちらもやる気がないな」と思っていたサービスでした。

過去の「Origami Pay」や「Kyash」の事例を見ていると1.5%もキャッシュバックして、持ちこたえられるのか心配になってきますが、キャンペーン中はチャージ元のクレジットカードのポイントとの二重取りで利用させてもらおうかと思っています(試していませんが、三井住友カード社発行のクレジットカードではポイント還元されない可能性ありです)。しかも2021年4月13日現在、三井住友カード社やトヨタファイナンシャルサービス社が発行しているクレジットカード以外からチャージしてもチャージ手数料が無料となっています。

加えて、最初にクレジットカードから500円チャージすると、初回特典ということで1,000円分の残高がプレゼントされる太っ腹なサービスも展開中。


firstcharge_campaign

※初回特典についてのページはこちら


【500円をクレジットカードからチャージした状態】 ※1,000円分の特典付与あり
TOYOTA wallet balance




【チャージ手数料についての説明】
TOYOTA wallet charge fee

※このよくある質問のページはこちら


「TOYOTA wallet」では物理型のカードは発行されないため、スマホの電子マネー(「iD」または「Mastercardコンタクトレス」)として利用するか、ネットショッピングなどのMastercard加盟店で利用となります。

またチャージ上限額が5万円となるため、少額利用が中心となりそうです。


【チャージ上限】
TOYOTA wallet charge limitjpg

※チャージ上限についての説明サイトはこちら


キャッシュバックは遅れて残高に付与されるため、どうしても端数がプリペイドカードに残ってしまうことになります。そのあたりが悩みどころでしょうか。









↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


その後どうなったアメリカの「Fuze Card」?








13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

アメリカのクラウドファンディングサービス「Indiegogo」で資金を募集してスタートしたプロジェクト「Fuze Card」。30枚のカード情報が一枚のカードに集約できて、カード上の電子ペーパー画面に表示される情報でカードを切り替えて利用できるというもの。

Fuze Card

※indiegogoの「FUZE CARD」のページはこちら


当初は磁気カードタイプが支援者に発送され、その後ICチップ搭載バージョンが発送されるはずでしたが、2019年12月19日の「発行元の銀行に承認を求めている」という開発者側からのコメントを最後にアップデートが止まっています。

支援者からは「詐欺だ」「金を返して」「状況のアップデートぐらいして」というコメントが続いています。

2017年から始まったプロジェクトですが、暗証番号取引より署名取引にこだわっていたアメリカのカード事情もIC化の流れになり、Apple Payを初めとするNFC決済も登場して、取り巻く環境は大きく変わりました。

日本では「Kyash」のように、カードそのものを別のカードにするわけではありませんが、擬似的に複数のカードを登録して、チャージ元を切り替えるような技術も生まれました。

「Fuze Card」はクレジットカードやデビットカードのコピーを作ってしまおうというものなので、発行元の銀行が許可しないんでしょうね、きっと。

「CNET JAPAN」で2017年に記事になり、自分も所有しているカードの枚数が多いので、実現すれば入手したいな、ぐらいな気持ちでたまに「indiegogo」のサイトを覗いていました。クラウドファンディングに応募しなくて正解でした。
※「CNET JAPAN」の記事はこちら

興味のある方は「indiegogo FUZE CARD」で検索するとヒットすると思います。「UPDATES」や「COMMENTS」のところを遡って読むと興味深いです。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


Android版モバイルSuicaがアップデート







13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

Suica



2021年3月20日(土)午前11:00頃~3月21日(日)午前7:00頃にかけて、Android版モバイルSuicaのメンテナンスが行われていました。

モバイルSuicaのサイトによると、メンテナンスは3月21日(日)7時30分頃に完了しているようですが、Androidユーザーはその後、設定が必要になります。

【メンテナンス終了の案内】
mobile_suica_update

※モバイルSuicaのサイトはこちら


【アップデートに関する案内】
mobile_suica_update_2

※メンテナンス後の必要な手続きの案内サイトはこちら

上記サイトにPDFファイルで設定の案内がありますが、旧バージョンからのユーザーであれば、画面の案内に従って進んで、モバイルSuicaで設定していたパスワードを入力すると完了しました。










↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


祝典・弔電をネットで送るなら








12143355

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

新型コロナウイルスの感染拡大で参列するべきがどうかを悩む葬儀。そんなときに自分が使ったのがカード決済でネットから弔電を送れる「VERY CARD」。


電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】



佐川急便の関連会社が運営しているようで、その配送ネットワークを使って届けているのでしょう。

数年前、自分が親戚の葬儀に出られなかった際に利用し、今回の新型コロナ感染症拡大で家族葬で行われる葬儀に参列するのを辞退した際にも利用しました。

NTTの電報を打つというのが慣習だったと思い、以前電報を送ろうとしたのですが、料金体系が複雑で諦めました。「VERY CARD」なら送料込みのシンプル料金。お線香付き台紙も選べます。

依頼の際に配達時間を指定しなければならないのですが、自分の経験では、葬儀会場で行われる場合は会場に電話をして葬儀が何時から行われるのか尋ねると「弔電を送られるなら●日の●時までに届くようにしていただければ、喪主様にお渡しします」のように教えてもらえます。

冠婚葬祭用に様々なカードや例文が用意されているので、「顔は出せないけど気持ちは伝えたい」というときに便利なサービスです。














↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
直接契約よりライセンス購入がおトク
■Evernoteプレミアム版はソースネクストからの購入がおトク



■国内海外の無料Wi-Fi 環境を安全に

登録をお願いします
follow us in feedly