旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

アメリカン航空

2018年11月キプロス旅行(その1)・久しぶりのヨーロッパ、キプロス共和国へ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

ここ10年ほどアジアばかり旅している自分が行ってみたくなったのが、ヨーロッパの島国「キプロス共和国」。キプロスと言っても、周囲にわかってくれる人は少なく、一応に「それはどこ?」という反応。

cyprus_map



興味を持った理由は、島が南北に分断されていて、島の南側2/3は各国が承認している「キプロス共和国」が統治していて、北側1/3の地域はトルコのみが国家として承認している「北キプロス・トルコ共和国」が実行支配中。日本も「北キプロス・トルコ共和国」は国家として承認しておらず、外務省の「安全対策基礎データ」のページにも以下の記載があります。

日本政府は「北キプロス」を承認しておらず,ニコシアの在キプロス日本国大使館は,同地域で活動することは困難な状況ですので,「北キプロス」への入域及び滞在に関しては十分ご注意下さい。

※安全対策基礎データ「キプロス」はこちら


国家として承認していなくても、そこに住んでいる人はいて、独自の国家機構を持っているならある意味「国」。認めるかどうかは大人の事情といったところでしょう。

キプロスの場合、内戦によって南北が分断されていて、首都ニコシアも南北に分断され、国連キプロス平和維持部隊(UNFICYP)がグリーンベルトを設けて、今も南北の衝突をさけるべく駐在しているとのこと。

ただ、旅行者は南側の「キプロス共和国」から北側へ行ったりすることができる(北側から入国すると南側に行くのは面倒らしい)との情報があったので、俄然行ってみたくなりました。というのも、ドイツがまだ東西に分かれていた頃、東ドイツの中にぽつんと浮かぶベルリンに行き、東西に分断されていた東ベルリンに行った経験があるので「分断国家」というものを、また見てみたくなりました。

首都ニコシアにあった空港はキプロス紛争の中で放棄され、ラルナカという都市にある空港がキプロス共和国の玄関口となっているらしく、東京からのフライトを調べてみると
 ・カタール航空(QR)でドーハ経由
 ・エミレーツ航空(EK)でドバイ経由
が出てきました。他にもフランクフルト経由やウィーン経由も出てきましたが、現地での滞在時間が有効に活用できそうなのは上記2社のフライト。

しばらく使っていなかったアメリカン航空のマイルがあったので、ワンワールド加盟のカタール航空のラルナカ行きのフライトを特典航空券で予約できました。帰りがドーハでの乗り継ぎ時間が5時間と長く、香港経由やほかの航空会社をアメリカン航空の予約課の人に調べてもらいましたが、あいにく空席がありません。アメリカン航空の特典航空券は数日ホールドできるので、その間に希望のフライトの空席がでないかと期待しましたが残念ながら発券期限まで空席が出てこず、帰りはドーハ国際航空でゆっくりすると諦め、発券してもらいました。






↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

カタール航空が中国南方航空に出資。そして中国南方航空はフィンエアーとコードシェア開始




↑マニフレックスのアウトレットもあり↑




こんにちは、ヴァンダーです。

2018年11月、突如スカイチームからの離脱を表明した中国南方航空(CZ)ですが、2019年1月2日にカタール航空(QR)が中国南方航空の株式の5%を取得したと発表がありました。

20190102_QR_CZ

※カタール航空のプレスリリースはこちら


カタール航空は現在ワンワールドに加盟していますが、同じアライアンスのアメリカン航空への出資でもめたり、アライアンスに加盟している意義がないとか、不満があるようです。その中での中国南方航空への出資。その意図はなんでしょうか?

それに先立つ2018年12月21日に中国南方航空はワンワールド加盟のフィンエアー(AY)と2019年4月22日からコードシェアを開始すると発表がありました。

20181221_CZ_AY

※中国南方航空の発表はこちら


中国南方航空はワンワールド加盟のアメリカン航空(AA)からも出資を受け、2019年の早い時期からコードシェアやFFPの相互利用を開始すると発表しています。

これらのワンワールド加盟の各航空会社との関係強化は中国南方航空のワンワールドへの加盟の布石かとも思えますが、カタール航空も中国南方航空もアライアンスに属するメリットが薄いと感じているというニュースもあり、両社ともアライアンスから抜けて独自の個別提携戦略でネットワークを構築していくのではないかと思っています。

自分の予想に反して、もしも中国南方航空がワンワールドに加盟した場合、キャセイパシフィック航空(CX)の動きが気になります。

2019年もアライアンスをめぐる動きが大きくありそうです。




■■■関連記事■■■

アメリカン航空と中国南方航空が提携関係を強化

中国南方航空(CZ)が2019年1月1日にスカイチームから離脱

中国南方航空(CZ)がワンワールドへ移籍の噂が?




↓マニフレックスがアウトレット価格で買える!
マニフレックスのアウトレット





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

アメリカン航空と中国南方航空が提携関係を強化




↑マニフレックスのアウトレットもあり↑



こんにちは、ヴァンダーです。

スカイチーム2019年1月1日をもって脱退すると宣言した中国南方航空(CZ)とワンワールドのアメリカン航空(AA)は今後提携関係を強化し、中国国内・アメリカ国内でのコードシェアを2019年1月から増やすそうです。
※アメリカン航空のプレスリリースはこちら

20181128_AA_CZ



そして2019年の早い時期にフリークエントフライヤープログラム(FFP)を相互提携し、マイルの獲得&利用、ラウンジの相互利用なども開始させるようです。

アメリカン航空のマイルで中国南方航空の特典航空券が利用できるようになるようですが、DinersClubのグローバルマイレージからアメリカン航空が抜けてしまい、また、SPG-AMEXも解約してしまったのでアメリカン航空のマイルを貯める手段をなくしてしまっています(貯めたマリオットのポイントを移行させればいいわけですが)。

アメリカン航空のAAdvantageの特典航空券は燃油代が基本的に不要、複数の航空会社の組み合わせも可能とかなり柔軟性が高いプログラムなので、中国南方航空とJALやキャセイパシフィック航空のフライトを組み合わせての旅程が組めそうな予感。

ところで、2018年中にデルタ航空のマイルで予約した特典航空券で2019年に中国南方航空を利用する場合、スカイチームのエリートプラスの効力は全くなくなるのでしょうか? 優先チェックインやラウンジ利用はどうなるのでしょうか?

アライアンスの移籍といえば、過去、
 ・コンチネンタル航空がスカイチームからスターアライアンスへ(その後、ユナイテッド航空と合併)
 ・USエアウェイズがスターアライアンスからワンワールドへ(その後、アメリカン航空と合併)
ということがありました。

ワンワールドは自分の中では「アングロサクソン系のプライドの高いアライアンス」というイメージなので、中国南方航空がワンワールドに加盟できるのかどうかも含めて、動向を今後追っていきたいです。



■■■関連記事■■■

中国南方航空(CZ)が2019年1月1日にスカイチームから離脱

中国の航空会社を中心としたジョイントベンチャーの話が次々と

中国南方航空(CZ)がワンワールドへ移籍の噂が?





↓マニフレックスがアウトレット価格で買える!
マニフレックスのアウトレット



「仮予約」ができるアメリカン航空「AAdvantage」の特典航空券

<







こんにちは、ヴァンダーです。

ずいぶん寝かせていたアメリカン航空の「AAdvantage」のマイルを使ってカタール航空の特典航空券を予約しました。オンラインができたいため予約センターへ電話をしましたが、すぐに予約担当者に繋がりました。

そして、アメリカン航空の特典航空券の予約で面白いのが「仮予約」ができることです。自分の場合、5日間「仮予約」として、予約をホールドすることができ、この間に予約をキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。逆に、仮予約期限までに発券手続きをしないと予約は流れてしまいます。

うまくこの仕組みを活用すれば、ひとまず空席のある旅程をアメリカン航空で仮予約で確保し、その間に、別のいいルートがあるかとか、他の航空会社の空席がでないか、などを調べたりもできます。

AA_FAQ


【仮予約期間】
■5日間       :出発予定日より331日から15日前のご予約
■1日        :出発予定日まで14日以内のご予約
■出発の2時間前:出発予定日の24時間以内のご予約


仮予約中に、希望のルートの空席が出ないか期待していたのですが、残念ながら空席状況が変わらなかったため仮予約してあった特典航空券の発券を依頼し、カード番号などを伝えて決済完了。他社なのに座席指定までお願いすることができました。

ところが、1日経ってもEチケットが届かず、アメリカン航空のサイトで予約状況を確認すると「申込中」になっています。アラスカ航空でJALの特典航空券を発券したときと同じような状況です。

AA_reservation1


「申込中」をクリックすると以下の表示が出てきました。
AA_reservation2



他社だと確定するまで24時間もしくはそれ以上かかる場合があるようです。

さて、いつ頃確定するのか。。。

実は、自分が予約した旅程の往路の特典航空券席は仮予約中に満席になっていました。そんな状況で発券したため、本当に予約が確定するのか若干心配です。

ところで、アメリカン航空の予約担当者ですが、とても親切で、自分の第一希望のルートの空席がなかったため、他の経由ルートを調べてくれたり、ユーザーフレンドリーな対応でした。アメリカン航空のマイルは積極的に貯めていなかったのですが、そういう担当者に当たると、また貯めようかなという気分になります。

カタール航空を利用してどこに飛ぼうとしているのかは、いずれご紹介します。



■■■関連記事■■■

アラスカ航空のマイルでJAL特典航空券をオンライン発券できなかった話

アラスカ航空に予約がホールドされた理由を聞いてみた





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

アライアンスの枠を越えた航空会社間の提携が活発に

こんにちは、ヴァンダーです。

アライアンスの枠を越えた、航空会社間の出資や提携のニュースが流れていました。

■アメリカン航空が中国南方航空に2億ドル出資

CZ_AA
※ニュースソースはこちら

ワンワールドのアメリカン航空がスカイチームの中国南方航空との提携です。

米系のデルタ航空は同じスカイチームの中国東方航空に昨年、4億5000万ドルを出資して提携強化し、中国本土への乗り継ぎやアジアエリアへのアクセスを強化しました(成田離れの一環?)。

同じく米系のユナイテッド航空は同じスターアライアンスの中国国際航空と提携関係にあり、中国本土各地へのアクセスがあります。


今回のアメリカン航空と中国南方航空の提携は、アメリカン航空によるビッグマーケットであるの中国本土と東南アジアのへのアクセス強化の思惑があるようです。一方、中国南方航空からすると、同じスカイチームでありながら、デルタ-中国東方の仲良しチームができてしまったので焦りがあったのでしょうか。



■キャセイパシフィック航空とルフトハンザ航空グループの提携

CX_LH
※ニュースソースはこちら

キャセイパシフィック航空とルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ)がコードシェアやマイレージの提携を行うというものです。

これによりルフトハンザグループは、オーストラリアやニュージーランドへのアクセスが向上するとのこと。一方、キャセイパシフィック航空はヨーロッパ内の路線がコードシェアにより強化させるとのこと。

本来なら同じワンワールドのアメリカン航空とキャセイパシフィック航空が提携強化していいようなものですが、実はキャセイパシフィック航空の筆頭株主はスターアライアンスの中国国際航空だとか。


この2つのニュースから、
 ・中国南方航空がスカイチームからワンワールドへ移籍
 ・キャセイパシフィック航空がワンワールドからスターアライアンスに移籍
なんてことが、将来的に起こるのではないかと考えてしまいます。


それにしてもスカイチームの結束状態は、他のアライアンスに比べて弱い気がします。例えば
 ・ガルーダ・インドネシア航空はANAとコードシェア
 ・ベトナム航空はANAから出資を受けて、コードシェア実施中
 ・アリタリア航空はエティハド航空から出資を受けて実質傘下入り
 ・中国南方航空はアメリカン航空から出資を受けて、今後提携強化
と、他のアライアンスから出資や提携強化を受けているケースが多く見られます。


自分はデルタ航空の上級会員(デルタAMEXのおかげ)なのでスカイチームから中国南方航空やベトナム航空が抜けてしまうと大変残念です。

というのも、中国南方航空の広州乗り継ぎは、北京や上海よりスムーズに済んだ経験があります。またベトナム航空も東南アジアへの乗り継ぎが便利でよく利用しているからです。

それぞれ、お家の事情があるのでしょうが、活発になってきた航空会社の提携活動。今後どうなるのか目が離せません。



↓Evernoteプレミアムサービス(3年版)ならソースネクストでのでライセンス購入がお得
EVERNOTE


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly