旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

スマホ

1円端末「Rakuten Mini」を使ってみて








4602741

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

楽天モバイルが2020年6月14日までの期間で実施していた「Rakuten UN-LIMIT新規契約でRakuten Miniが1円キャンペーン」で購入した「Rakuten Mini」が届きました。自分の場合は5月末に回線契約の申し込みをして、6月初旬に端末を受け取りました。

パッケージを開けてその端末の小ささにビックリ。Xperia CompactやiPod Touchよりもさらに小さい筐体。1年後には「Rakuten UN-LIMIT」の契約を解約して、この端末はiPod Touchの後継の音楽端末として利用しようかとも思えてきました。

【箱に入ったrakuten Mini】
Rakuten_Mini

※左からXperia X Compact、Rakuten Mini、iPod Touch



「Rakuten Mini」端末は物理的なSIMカードを挿入するのではなくeSIM対応端末。アプリからアクティベーションをするとデータ通信が使えるようになりました。この手順、簡単な説明書が入っていたものの、決して分かりやすいというものではありませんでした。

そして次は音声通話の「Rakuten Link」のアクティベーション。こちらも手順に従って手続きをすると、SMSを受信して手続き完了。このアプリから電話をすると、0570や0180などの一部の電話番号を除いて無料で通話ができるとのこと。当面航空会社に電話をすることが多くなりそうな自分にとってはありがたいです。というのは、待ち時間に通話料金のことを気にしなくていいから。IP電話を使えば、電話料金は安くなりますが、それでも待ち時間が長いと気持ちの余裕がなくなります。

さすがにサイズが小さいだけあって、バッテリーの容量が少ないのか、初期設定しているだけでみるみるバッテリーが減っていきます。画面が小さい分、操作性が必ずしもいいとは言えず「この端末をメインにするのはきついな」というのが正直な感想。

幸い、自宅が楽天モバイルの自社回線エリアだったため、データ通信は爆速。テザリングができるので、メインのスマホでアクセスして楽天モバイルの回線を使ってデータや動画をガンガンダウンロードすることができます。ただ、気になったのがデータ通信中のスピードが安定しないこと。これは送信側の問題があるのかもしれませんが、はじめはスピードが出ているものの、徐々に遅くなったりして安定しない印象を受けました。これは時間や場所などにも左右されるため、時間をかけて検証をしないとなんとも言えません。

1年間、楽天モバイルの実力を見せてもらおうかと思っています。



■■■関連記事■■■

【在庫限り】Rakuten Mini端末が1円で買える!? しかも1年間通信料無料!?(~6/17)






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

【在庫限り】Rakuten Mini端末が1円で買える!? しかも1年間通信料無料!?(~6/17)











こんにちは、ヴァンダーです。


rakuten_mini_un_limit_2



スマホ端末の話題を記事にするのは久しぶりな気がします。
楽天モバイル楽天モバイル」では2020年5月27日(水)9:00~2020年6月17日(水)8:59の期間中、「Rakuten UN-LIMIT」を契約すると、Felica付スマートフォン「Rakuten Mini」が1円で購入できるキャンペーンを実施中です。

Felica付スマートフォンとしては「世界最小・最軽量」らしく、その分バッテリー容量も少ないのでネットでは電池の持ちが悪いとのレビューも見られますが、「おサイフケータイ」と割り切ればお財布感覚で持ち歩ける端末ではないでしょうか。

申込時に契約事務手数料が3,300円(税込み)がかかるものの、
 ・オンライン契約で3,000ポイントプレゼント
 ・事務手数料分3,300ポイント還元
のキャンペーンを実施しているため、差引3,000ポイントのプラス。


rakuten_moble_point



この「Rakuten Mini」が売れていないのか、MNO(移動体通信事業者)回線の契約が思うように集まらないのかは分かりませんが、とにかく大盤振る舞い。

心配なのが「楽天モバイル」の自社回線のエリアですが、東京エリアだと23区内は自社回線エリアになっているようです。ただし、自社回線エリア内でも建物の中だと電波が入りにくいというレビューも見受けられます。


rakuten_mobile_area_20200531

※通信エリアのマップはこちら


さて「楽天モバイル」の通信プラン「Rakuten UN-LIMIT」ですが、300万名対象に、
 ・2,980円(+税)/月のプラン料金が1年間無料
 ・自社回線エリアでは使い放題
 ・パートナー回線エリア(au網)では5GB/月まで。超過すると1Mbpsの速度制限あり
 ・専用のアプリ(Rakuten Link)から国内通話かけ放題(一部対象外の番号あり)
 ・海外66の国と地域でデータ通信2GB/月無料
と大盤振る舞い中。


rakuten_mobile_umlimit_2



海外でのローミングが2GBまで無料はうれしいですが、残念ながら海外に行ける見通しが立たず、このサービスは使えずじまいでしょうか。

自粛生活で退屈していたのと、今後も会社への出勤と自宅での在宅勤務が組み合わさるようなので、(めったにありませんが)自宅のネット環境のソフトバンクのレンタルSIMが不調な時は「Rakuten Mini」でテザリングしてPCとつなげるのもありかと思い、ポチッと申込みをしてしまいました。メインで使っているスマホのデータ容量を使い切った際もテザリングしてネットにつなぐバックアップにもなりそうです(と、言い訳を並べる)。

また、楽天モバイルの契約があると、楽天市場での買い物の際に付与されるポイントが+1倍になります。「UN-LIMIT」を1年間無料で契約していても+1倍となるため、楽天市場のヘビーユーザーならさらにおトクではないでしょうか。


rakuten_SUP

rakuten_SUP_2



「Rakuten Mini」の特殊なところは、通常の物理SIMではなく「eSIM」であること。「Rakuten Mini」+「Rakuten UN-LIMIT」の契約をすると、物理的なSIMカードは届きません。だから「楽天モバイルのSIMカードをメインのスマホに入れ替える」ということは不可能です。

メリット・デメリットがそれぞれありますが、「楽天モバイル」の実力を確かめるという点でも面白そうなので、興味のある方は「Rakuten Mini」の在庫があるうちに申し込んでみてはいかがでしょうか。

気になる解約違約金ですが、解約に伴う手数料はかからないようです。ただし、MNPで電話番号を他社に持って行きたい場合は、手数料3,000円(+税)がかかるようです。


[質問4] MNPの転出料はかかりますか?
[回答4] MNP転出手数料として3000円が発生いたします。

[質問8] 解約料は一切かかりませんと書かれてますが、満足しなかった場合、 新規や移行で発生した製品などの料金も返してもらえますか?
[回答8] 契約事務手数料の返金や購入製品の返品は承っておりませんのであらかじめご了承ください。


UN_LIMIT_cancel



それにしても2020年1月に販売されて間もない「Rakuten Mini」。17,000円(+税)の端末を1円で配るとは驚きです(ガラケー時代にはよくあった販売手法ですが)。定価でこの端末を買った人は「楽天モバイル」に不満を抱くのではないでしょうか。






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

また遅れる? 新「Kyash Card」のNavyカラーバージョン









こんにちは、ヴァンダーです。


new_kyash



新しい「Kyash Card」の発送がまた遅れるかもしれません。申込み件数などは「本人確認資料」も提出させて、その確認処理もしているので、予定発送数も把握しているはず。

それなのに、初回発送予定日とされていた4月10日(金)にお知らせとして「Kyash Card Navyの在庫が少なくなり、なくなった場合は6月上旬の発送となる」とアナウンスがありました。


20200410_kyash delivery_delay




これではいつまで経ってもマスクが店頭に並ばないのと同じ状態。この会社、どのようにカードの在庫管理をしているんでしょうか?


 2月25日時点・・・3~5営業日。その後しれっと「初回発送は3月下旬」と修正

 3月18日日時点・・・初回発送は4月上旬

 4月3日時点・・・4月10日から発送開始

 4月10日時点・・・Navyカラーバージョンの在庫がなくなりそう。次回は6月上旬。


初回発送が4月上旬にずれ込む時点で、従来の「Kyash Card」のポイント還元率を0.5%に引き下げるのを1ヶ月延長して4月までとしました。今回は延長のアナウンスはなし。

同じような「カードの在庫がない」状態にあるのが三井住友カードのMastercardブランド。こちらは申込み受け受けを停止しています。「在庫がないから申込み停止」、「在庫は無いけど申込みは受け付ける」のどちらが消費者思いなのか。

Kyash社の場合は、申し込んでもられば発行手数料をそのタイミングで徴収できて運転資金に回せるので、どんどん受け付けたいという意図が見えるのですが、考えすぎでしょうか。



■■■関連記事■■■

ようやく新しい「Kyash Card」が発送か? そして「QUICPay+」利用分もポイント還元!

キャンペーンを実施するより、カードを届けるほうが先じゃないですか?

新しい「Kyash Card」はいつ届く?

やっぱり2%キャッシュバックに耐えられなかった「kyash」






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

ようやく新しい「Kyash Card」が発送か? そして「QUICPay+」利用分もポイント還元!









こんにちは、ヴァンダーです。


new_kyash




2020年4月3日(金)、「Kyash Card発送開始日のご案内」というタイトルのメールがKyash社からメールが届きました。ようやく自分の申し込んだカードが発送されたのかと思ってメールを読んだところ、「申込み順に2020年4月10日(金)より順次発送」とのこと。


kyash_delivery_announce



申込みの時点では「3~5営業日で発送」としていたのに、1ヶ月近く何をしていたのか不思議です。というのは、法律上の本人確認資料の確認は必要ですが、クレジットカードではないので与信審査はないはず。本人確認資料のチェックが終わった人から発送に回せばいいのに、カード原板を制作する費用が集まるまで待っていたのでしょうか?

ひとまず、4月10日(金)以降に発送されるようなのでさらに待つ必要がありそうです。

そして、発送開始日案内メールに先立つ4月2日(木)、「QUICPay+のご利用でKyashポイントがつきます」というタイトルのメールが届いていました。Androidユーザーでおサイフケータイ対応端末を持っていれば、Kyash CardをGoogle Payの「QUICPay+」に登録して使えて今までも使えていたのですが、2019年10月1日に2%キャッシュバックからポイント還元に変わったタイミングでポイント還元対象外取引になりました。「QUICPay」のネットワークを通して決済されたときの手数料が高くて、ポイント付与対象外にしたのだろうと思っていました。


kyash_quicpay_plus_point



それが今回復活するとは思っていませんでした。これで新しい「Kyash Card」は「Visaのタッチ決済」と「QUICPay+」の2つの非接触決済に対応することになります。シンプルでスタイリッシュなカードが傷だらけにならずにカードを利用できそうです。




■■■関連記事■■■


キャンペーンを実施するより、カードを届けるほうが先じゃないですか?

新しい「Kyash Card」はいつ届く?

やっぱり2%キャッシュバックに耐えられなかった「kyash」




↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

キャンペーンを実施するより、カードを届けるほうが先じゃないですか?









こんにちは、ヴァンダーです。


new_kyash



2020年2月25日に申し込んで一向に届かない新しい「Kyash Card」。発行されていないのに「発行手数料900円」はしっかり徴収されています。

そんな中、4月1日にkyash社からキャンペーンの案内メールが届きました。

20200401_kyash_campaign

※キャンペーンの案内はこちら
 どうやら4月2日でキャンペーンは締め切りになったので、2日間で5,000件の申込みがあったようです。


「セブン銀行ATMでチャージした先着5,000名に、1,000ポイントをプレゼント」とあるので、そろそろカードが届くのでそのカードでチャージすればポイントがもらえるのかと思って、キャンペーン内容を見て心の中で「何じゃこれ!」と叫んでしまいました。

このキャンペーンの対象者はこれから「Kyash Card」を申込む人。すでに申し込み済みの人は対象外。

散々待たせてまだカードが届かない申込者がいるのに、キャンペーンをする資金があるならカード発行のスピードを速めろよ、と思えてなりませんでした。そして申し込み時に徴収された900円はこのキャンペーンに流用されているのだろうと疑いの気持ちも。

もしかしたら、新しい「Kyach Card」の申し込みが鈍化して、通常のポイント還元の資金がなくなってきて、発行手数料900円を新規に申し込む人から徴収するためにキャンペーンを実施して、それをポイント還元の原資とカード発行のコストに回しているという自転車操業になっているのかと勘ぐってしまいます。

というのも、この会社が公開している「Kyash Blog」という社員がアップしているブログ記事があるのですが、スタートアップ企業にありがちなサークル的なノリなんです。「登壇しました!」や「Kyashのマーケティング戦略」をブログでアップする軽い感じ。「決済」というインフラを担う会社とは思えない雰囲気です。

自分の考えが古いのかもしれませんが、この「Kyash Blog」はIT系スタートアップ企業そのもの。もちろん、斬新なプロダクトとサービスを産み出し、それも既存のクレジットカード会社では考えられない規模で運営しているのは画期的です。

ただ、ユーザーに約束したことをきちんと実行できていないというのは破綻した「Origami」を彷彿とさせます。

いつになったらカードが届くのか(Kyash社は4月10日より初回申込み分から順次発送と公表)、届いたカードの有効期限までこの会社は存続するのか(それとも大化けして安定経営になる?)気掛かりです。自分は「Kyash」アプリにチャージしてから利用しているのですが、チャージ金額は必要最小限にしておこうと思います。

ところで「Kyash」は通常のクレジットカードと違って、不正利用に対する補償制度はありません。アプリでカード利用のON/OFFや一日当たりの利用上限額の設定ができるので、それらの設定を見直して、不正被害に遭わないようにした方がよさそうです。


■■■関連記事■■■

新しい「Kyash Card」はいつ届く?




↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly