旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

バンコク

2019年4月バンコク旅行・まとめ






こんにちは、ヴァンダーです。

2019年4月にタイ・バンコクに行きました。ソンクランのイベント目当て。毎年この時期にバンコクを訪れているのですが、自分の行動が代わり映えしなくなってきたので、トピックス的なことをピックアップして記事にしました。そのまとめ記事となります。

振り返ってみると、やはり帰りの高速道路で車が立ち往生し、フライトに遅れそうになったのが一番記憶に残っています。あのときは焦りました。そして、JALの予約センターとカウンターのスタッフの連係プレーに感謝です。



2019年4月バンコク旅行(その1)・早朝便でバンコクに到着するなら事前のマッサージ予約が便利

2019年4月バンコク旅行(その2)・マッサージの後はくつろげるカフェで朝食を

2019年4月バンコク旅行(その3)・バンコク銀行で口座の住所変更手続き

2019年4月バンコク旅行(その4)・寝落ちするようなシャンプースパ体験

2019年4月バンコク旅行(その5)・事故渋滞に巻き込まれてフライトに間に合わない?

2019年4月バンコク旅行(その6)・JL032(BKK-HND)の機内の様子

2019年4月バンコク旅行・Amora NeoLuxe Hotel宿泊記






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行・Amora NeoLuxe Hotel宿泊記






こんにちは、ヴァンダーです。

2019年4月のタイ・バンコク旅行の際に宿泊したホテルのレビューです。

ソンクランの時期にここ数年連続して利用しているホテルです。理由は大通りから少しだけ横道に入ったところにあり、水をかけられることがほとんどないから。

アロフトのようにソイの奥にあるホテルだと、ホテルにたどり着くまでに必ず水をかけられ、無事では済みません。


●立地
プロンポン駅とアソーク駅の中間。プロンポン駅からの方が徒歩の場合は便利。


●外観
年季が入っている感じがします。こじんまりしたホテルです。

201904 BKK (6)



●部屋
床がウッドフロアで珍しいです。ソファやアメニティが一通り揃っています。

201904 BKK (2)



●バスルーム
この価格にしては珍しくバスタブがあり、リラックスすることができます。

201904 BKK (4)

201904 BKK (3)




●アメニティ
ミネラルウォーターのボトルが毎日2本補充され、インスタントですがコーヒーなど用意されています。また、バスルームにはシャンプー&コンディショナーなどもあり。
ちなみにミネラルウォーターのボトルは8F のジムに行くと「ご自由に」と置いてあるので、そこから拝借することもできます。

201904 BKK (5)




●プール・ジム
8階に小さいながらもプールあり。ただし日を遮るものがないエリアもあるので、かなり暑く過ごすことになるかもしれません。ジムはプールの横にあり、一通りマシンが揃っています。


●朝食レストラン
今回は朝食なしプランなので利用せず。B1Fにあるので、朝食付きプランの方はそちらでいただくことになります。地下なので外の風景を楽しむことはできません。


●サービス
フロントのおばさん(失礼)はぶっきらぼうなかんじですが、フロント周りに立っているおじさんは親切です。


●総評
クラシカルな感じですが、立地がいいのでソンクランの時期にはよく泊まっています。ただし、値段のアップダウンが激しいので、高くなっていると、他を選ぶと思います。今回は1泊約5,000円でした。


■■■ホテルの情報■■■
ホテル名:Amora NeoLuxe Hotel
住所:6/1 Sukhumvit 31 Road, KlongToeyNua, Wattana, Bangkok 10110 THAILAND
電話番号:+ 66 2 204 4200






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行(その6)・JL032(BKK-HND)の機内の様子






こんにちは、ヴァンダーです。

空港までの高速道路で事故渋滞に巻き込まれ、なんとか搭乗できたJAL便。座席に着くとどっと疲れが出てきました。ひとまず「帰国日が延びます」と会社に連絡することにならなくてよかったです。

この機内で珍しい乗客が近くにいて、ずっと気になりました。こんなことをブログで書いていいのかどうか悩みましたが、珍しかったのでブログネタに。

斜め前の窓側席に座っている二人連れ(男+女)のうち、女性のほうが何か変なのです。機内食前のドリンクサービスからビールを飲み、機内映画(ボヘミアン・ラプソディ)を見ながらノリノリ。曲に合わせて腕を上げたり座席で踊ってました。

食後も女性はクルーに「ワインとパン」と(ぶっきらぼうに)注文し、クルーから「あいにくパンはございませんのでおつまみをお持ちします」と言われてご機嫌斜め。そして映画に合わせて歌ったり「フー」と奇声を上げたり、酔っているのかもともと変わっているのか分かりませんが、とにかく自分は気になって仕方がありません。食事時に配られたハーゲンダッツのアイスをまた注文したり、次々とアルコールをオーダー。かなり危ない雰囲気。

さすがにヤバイと思ったのか、隣の男性がこっそりクルーに「もう彼女が頼んでもアルコールは出さないで」のようなことをお願いしていました。

子供の高い声や泣き声で気になってリラックスできないことはしばしばありますが(こればかりは仕方がない)、大人の奇行でリラックスできないのは珍しいです。

さすがに酔いがかなり回ったのか、途中から眠りにはいったようなので、静かになりました。

ところで機内食ですが「白身魚のフライののり弁」のような食事でした。機内食でのり弁とは驚き。

201904 BKK (26)



乗客の中にはいろいろな人がいますが、「人の振り見て我が振り直せ」。自分はスマートな乗客でありたいです。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行(その5)・事故渋滞に巻き込まれてフライトに間に合わない?






こんにちは、ヴァンダーです。

バンコクの最終日。9:45発のフライトだったので、2時間前には空港に着くとして、7時にホテルを出て車で向かえばいいだろうと前日には思っていたものの、夜遊びをしたため寝坊をしてしまいました。

目が覚めたのが7時。急いで身支度をして7:30にチェックアウト。ホテルのスタッフが部屋のチェックをしている間にGrabアプリで車を呼んで、7:35に乗り込みました。この時間帯だと空港まで30〜40分で行けるので、フライトの1時間半前くらいには空港に着けるかと安心していたのですが、高速道路に入ってしばらく走ったところで、事故渋滞に捕まってしまいました。それも全車線がストップ。運転手たちが車を降りて事故の方を見に行きましたが、一様に「ダメだ」という感じの顔をしながら戻ってきます。

201904 BKK (22)



さすがにやばいと思い、JALの予約センターに電話。車が動けば30分でつけるはず(=チェックイン締め切り時間)ですが、車がいつ動くか分からない旨を伝えると、センターからカウンターには連絡を入れておくので、気をつけて空港までお越しくださいとのこと。万が一、間に合わなかった場合どうすればいいのか聞くと、今回はアラスカ航空発券のチケットなので、アラスカ航空に相談してくれとのこと。完全にピンチ。アラスカ航空のオフィスがバンコクにあるわけでもないので、アメリカに電話をするしかありません。

念のためアラスカ航空のサイトでJAL便の当日&翌日の特典航空券空席を見るも特典航空券枠は空席なし。UAなども検索してみるが今日の便はダメ。今日の予約してあるフライトに乗れないと、会社を休むことになりそうです。

待っている間にJALカウンターに近い空港の入り口を確認したり、アラスカ航空の電話番号を調べたりといろいろ対策準備。その時、ようやく救急車やレッカー車などが到着し、前の方の車が動き出しました。事故は一般の車とタクシーの衝突事故のようでした。

ドライバーに急いでほしいと無理を言い、JALカウンターに近いエントランス№8に車をつけてもらいました。この時点で出発の60分前を切っていたのでチェックインは締切済みのはず。とりあえずカウンターへと向かいました。

JALカウンターには乗客は誰もおらず、スタッフだけが残っていました。エコノミークラスのカウンターへ行き、チェックインの手続きをお願いするとなんとやってくれました。そしてどこへやら電話をして、FAST TRACKのクーポンも出してくれました。スタッフによると予約センターから連絡が入っていたとのこと。

それにこれから通常のセキュリティチェックと出国審査を受けていると、到底搭乗時刻に間に合いません。非常時の特別対応だったのでしょう。

201904 BKK (23)



FAST TRACKパスのおかげで、セキュリティチェックと出国審査をスムーズに済ませられラッキーでした。ただ、ゲートは最悪なことに一番端のF6。ゲートへ向かう間に歩きながらJALの予約センターに電話を入れ、間に合った旨とお礼を伝えました。

F6ゲートへ行く途中、BOOTSで水を買って、焦ってカラカラになった喉を潤し、やっと一息付けました。ゲートに着くと、すでに優先搭乗から始まっていましたが、エコノミークラスはまだ。なんとか間に合いました。

201904 BKK (24)

201904 BKK (25)



朝便に乗る際は、寝坊しないように気をつけなきゃいけませんね。それに「事故渋滞」など車を使う場合は想定外のことがあるので、余裕をもった行動が必要と改めて痛感しました。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行(その4)・寝落ちするようなシャンプースパ体験






こんにちは、ヴァンダーです。

バンコクに来ると暑い日中に涼しいマッサージルームで休みたくなり、格安な料金で受けらるタイマッサージには毎日でも行きたくなります。

今回はタイマッサージと違って「シャンプースパ」に初体験してきました。BTSのエカマイ駅近くの「NAP Sleep Salons(ナップ・スリープ・サロン)」というスパです。下の写真の細長いビルの3階です。

201904 BKK (20)



あらかじめサロンに電話で予約して、BTSで向かいました。エカマイ駅の1番出口を出て、目の前に見えるカフェアマゾンの中を突っ切り、左手にある壁を押すと上へと行ける階段発見。2階が居酒屋で3階がサロンになっていました。

選んだメニューは1時間の「Nap Signature head massage700バーツ(約2,393円)」をお願い。

まずは美容室のシャンプー台のようなところに横になり、首の下にホカホカタオルをおいて、仰向けになった状態で肩や首筋、腕のマッサージ。その後、シャンプーをしながら頭をグイグイ押したりこすったりしながら頭皮のマッサージ。この頭をグイグイされるのが気持ちよくて、「Nap」の店名のごとく昼寝をしたくなります。

頭のシャンプーを流した後は、部屋を変わって髪をドライヤーで乾かして完了。ここもカード払い可でした。タイマッサージと同じく、チップを渡すものだと思っていたら、自分の担当してくれたマッサージ師(?)さんはもう次のお客さんに取りかかっていたので、受付の人に「あの人に渡して」とチップを渡すようにお願いしました。もしかしたら必要なかったのかもしれませんが、気持ちよかったので託すことにしました、


斜向かいにはゲートウェイという大型ショッピングセンターがあります。香港の飲茶の店「添好運」があり、珍しく空いていたので点心をいただくことに。Terminal21内も同店があるのですが、いつも混んでいるのです。名物のチャーシュー入りメロンパンが美味でした。

201904 BKK (21)




■■■今回のサロン■■■

店名:NAP Sleep Salons(ナップ・スリープ・サロン) エカマイ店
住所:BTSエカマイ駅1番出口を出てすぐの「Cafe Amazon」3階
電話番号:(+66)62-635-6365
営業時間:9:00~21:00(月-木)9:00~22:00(金-土)






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
直接契約よりライセンス購入がおトク
■Evernoteプレミアム版はソースネクストからの購入がおトク



■国内海外の無料Wi-Fi 環境を安全に

登録をお願いします
follow us in feedly