旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

バンコク

2019年4月バンコク旅行(その3)・バンコク銀行で口座の住所変更手続き





こんにちは、ヴァンダーです。

自分はタイに住んでいるわけではありませんが、非居住者用口座をバンコク銀行に持っています。レートのいいときに預金をして、日本円が弱くなったら、口座からバーツで引き出して利用できればと思ったからです。それと、海外で銀行口座を持つということに興味をもったこともあります。

IMG_20180413_143708



口座を開くにあったって自宅住所として登録したのはタイ人の友人の自宅住所。バンコク郊外に一戸建ての家を買ったのでずっとそこに住むんだろうと思っていたら、なんとタイ北部のチェンライに引っ越してしまいました。バンコクの家は、庭にウッドデッキを作ったり、いろいろ手をかけていたのに、あっさりと売って、引越ししたのにはびっくり。

そこで困ったのが自分がバンコク銀行に登録している住所をどうするかということ。友人に相談したら「チェンライの住所に変えればいいよ」とのこと。非居住者用の口座なのに、チェンライに変えられるのか、という疑問もありましたが、ひとまずバンコク銀行の本店に行ってみることにしました。非居住者用口座は特殊なので本店のジャパンデスクに行かないといけないのです。

201904 BKK (19)



バンコク銀行本店のジャパンデスクで番号カードを取って呼ばれるのを待つこと約5分。カウンターでは日本語が話せるタイ人男性スタッフが対応してくれた。

201904 BKK (17)

201904 BKK (18)



事情を話すと住所の変更手続きはできるとのこと。パスポートと通帳、デビットカードを出して、口座とデビットカードの両方の変更手続きが必要なため書類を2枚書いて提出。どうやら書き方が間違っていた部分があったようで、訂正するように指示されて、言われるがまま書類に記入してサイン。

パスポートのコピーや書類のコピーなどを取って、マネージャーらしき人のチェックも受けて手続き完了。ダメもとでネットバンキングが使えないか聞いてみたところ、非居住者口座ではやはりダメだと言われてしまいました。

デビットカードはICチップのない古いタイプなのですが、特段変更するようには言われませんでした。たしか政府からはICチップ付きのカードに置き換えるように通達が出されているはずですが、このままでいいようです。ICチップ付きにすると国際ブランドが現在のVisaから銀聯に変わってしまうので、今のままの方が自分にとっては都合がいいのです。

少しばかりキャッシングをして口座に預金、記帳をして銀行をあとにしました。

現在は非居住者用口座は旅行者は開設できなくなったというネットの情報もありますが、既存口座保有者の自分には特に何もスタッフからは言われませんでした。ただ、法律が厳しくなれば、口座を維持できなくなる可能性もありそうなので、情報はチェックしておく必要がありそうです。


■■■関連記事■■■








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行(その2)・マッサージの後はくつろげるカフェで朝食を






こんにちは、ヴァンダーです。


マッサージを受けて身体がほぐれた後は、腹が減ってきます。「at ease」と同じ路地にあるインスタ映えする(自分はインスタやってませんが)というカフェに行ってみました。

その名は「Breakfast Story(ブレックファースト・ストーリー)」。日中朝食メニューが食べられるという店です。

なぜか外にはヘアサロンのようなエクステリア。

201904 BKK (9)

201904 BKK (10)



そして1階はバーなのか誰もいません。そこを突っ切って2階に上がると、ポップなインテリアの明るいカフェになっていました。

201904 BKK (16)



店内は混んでいて、スタッフに「1人なんだけど」というと3階へ案内してました。そこには欧米人の先客が1組。


201904 BKK (12)


テーブル近くには電源もあってゆっくりできそう。ブランチということでパンケーキとギリシャヨーグルトを注文。パンケーキって糖化した食品で身体には悪いらしいですが、悪い食べ物ほど美味しいのはなぜでしょう?

201904 BKK (14)



ふわふわのパンケーキにバターとメープルシロップをかけて、がぶっと口に入れると幸せ。コールドブリューのアイスコーヒーはすっきりとおいしく、ギリシャヨーグルトはこってりした食感でしたが健康になりそうで、腹が満たされました。

電源もあるので、スマホを充電することも可能。ゆっくりしていても混んでいなければ放置されている感じなので、ゆっくりできそうです。小腹が空いて、軽く何か食べたいときにも便利そうなカフェです。

201904 BKK (15)



会計は2階のレジで。カード払い可能でした。今回のお会計は409.5バーツ(約1,402円)でした。


■■■今回のカフェ■■■

店名:breakfast Story(ブレックファーストストーリー)
住所:593/27 Sukhumvit Road, 2nd Floor (Soi Villa),Bangkok 10110 Thailand
営業時間:7:00-23:00







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年4月バンコク旅行(その1)・早朝便でバンコクに到着するなら事前のマッサージ予約が便利






こんにちは、ヴァンダーです。

2019年4月のソンクラン(タイ暦での正月)の時期に、毎年のことながらタイ・バンコクへ行ってきました。あまり変わり映えしたことをしていないので、今回の旅行記はその中でも「初めて」「便利」というものをピックアップして記事にしたいと思います。

羽田空港を深夜に出発するフライトだと、バンコクに早朝に着きます。ホテルによっては、早く到着しても部屋に入れてもらえることもありますが、混み具合によっては断られたり、しっかりアーリーチェックイン料金を取られることもあります。

そんな時は、チェックイン時間までタイマッサージを受けて、夜中のフライトで凝り固まった身体をほぐしてもらうのはどうでしょうか?

自分は「早朝から営業している」「日本からネットで予約できる」ということで、よくプロンポン駅近くの「at ease(アット・イーズ)」さんを利用しています。

201904 BKK (7)



今回はプロンポン駅近くのホテルに泊まったので、ホテルに荷物を預かってもらって、徒歩でマッサージ屋さんへと向かいました。予約時刻の少し前に店に着いて、名前と予約してある旨を伝えると、椅子に座っておしぼりとドリンクをいただけます。

その際、自分が重点的にやってほしい部分や強さ加減をカルテのようなものに記入する方式なので、言葉が通じないマッサージ師さんにも自分の希望が伝わります。

まずは足をマッサージ師さんに洗ってもらい、それからマッサージルームへと向かいます。

201904 BKK (8)



涼しかった東京からいきなり真夏のバンコクに着いて、暑くてへばっていた身体も涼しいマッサージルームで横になっていると、それだけで眠くなってきます。

そしてマッサージ師さんに背中をほぐしてもらっていると、完全に寝落ち。夜中のフライトで熟睡できず,
もやもやしていた頭が、昼寝をしたようにマッサージが終わった後はスッキリ。

今回のメニューは「タイ古式マッサージ2時間コース」、680バーツ(約2,330円)でした。

このマッサージ屋さんは料金は最初に支払い(カード可)、帰り際にマッサージ師さんにチップを現金払いとなります。

台北だと24時間営業のマッサージ屋さんもあるのですが、バンコクでは見かけません。早朝から営業しているマッサージ屋さんは貴重です。


■■■今回のマッサージ屋さん■■■

店名:at ease(アット・イーズ)
住所:Soi 33/1 Sukhumvit Rd, Bangkok 10110
電話番号:061-682-2878, 02-662-2974
営業時間:9AM-12AM (Reception closes at 11PM)


http://atease-massage.com/ja/

上記サイトから予約するすることができます。ただし、サイトからの予約は24時間前までなのでご注意を。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2017年8月バンコク旅行まとめ






こんにちは、ヴァンダーです。

山の日の祝日を使ってバンコク旅行をした際の記録です。自分用にまとめたものですので、新しい記事はありません。

201708BKK (65)



2017年8月バンコク旅行(その1)・CXの往路便のオンラインチェックインができない(前編)

2017年8月バンコク旅行(その2)・CXの往路便のオンラインチェックインができない(後編)

2017年8月バンコク旅行(その3)・羽田空港でチェックイン

2017年8月バンコク旅行(その4)・羽田空港キャセイパシフィック・ラウンジ初潜入

2017年8月バンコク旅行(その5)・KA397便(HND-BKK)にて

2017年8月バンコク旅行(その6)・「AIRSIM」を使ってみた

2017年8月バンコク旅行(その7)・香港国際空港CXラウンジにて

2017年8月バンコク旅行(その8)・CX705便(HKG-BKK)にて

2017年8月バンコク旅行(その9)・バンコク到着とDTACのインターネットプラン申込み

2017年8月バンコク旅行(その10)・エアポート・レール・リンクで市内へ

2017年8月バンコク旅行(その11)・マッカサン駅からペッチャブリー駅の乗り換え

2017年8月バンコク旅行(その12)・MRTカードの怪

2017年8月バンコク旅行(その13)・満員のMRTでスクンビット駅へ。そして徒歩でホテルへ

2017年8月バンコク旅行(その14)・Citadines Bangkok Sukhumvit 23へチェックイン

2017年8月バンコク旅行(その15)・バンコク銀行本店へ

2017年8月バンコク旅行(その16)・徒歩で路地奥のマッサージ屋さんへ

2017年8月バンコク旅行(その17)・格安で上手なタイマッサージ

2017年8月バンコク旅行(その18)・ワット・バーンクンへ

2017年8月バンコク旅行(その19)・ワット・バーンクン(Wat Bangkung)へ到着

2017年8月バンコク旅行(その20)・水上マーケットへ

2017年8月バンコク旅行(その21)・チャンチュイ(ChangChui)アートセンターへ

2017年8月バンコク旅行(その22)・CXのオンラインチェックインができない(再び)

2017年8月バンコク旅行(その23)・頼りになるVPCC

2017年8月バンコク旅行(その24)・ターミナル21でランチ

2017年8月バンコク旅行(その25)・セントラル チットロムで買い物

2017年8月バンコク旅行(その26)・いつものHollys Cafe &マッサージ再び

2017年8月バンコク旅行(その27)・Citadines Bangkok Sukhumvit 23をチェックアウト

2017年8月バンコク旅行(その28)・スワンナプーム空港内を走る

2017年8月バンコク旅行(その29)・CX700便(BKK-HKG)にて

2017年8月バンコク旅行(その30)・香港国際空港で乗り継ぎ

2017年8月バンコク旅行(その31)・CX542便(HKG-HND)にて

2017年8月バンコク旅行(その32)・羽田空港到着

2017年8月バンコク旅行・「シタディーン バンコク スクンビット 23 」宿泊記



↓年会費無料で購入日から180日間のショッピングセーフティ保険付き、ビックカメラでも現金同率還元
コジマ×ビックカメラカード



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2017年8月バンコク旅行・「シタディーン バンコク スクンビット 23 」宿泊記






2017年8月のバンコク旅行では、サービスアパートメントの「シタディーン バンコク スクンビット 23(Citadines Bangkok Sukhumvit 23)」に泊まりました。その際のレビューをご紹介したいと思います。

201708BKK (58)


●立地
スクンビット通りのソイ23を5分ほど入った場所にあります。BTSのアソーク駅とMRTのスクンビット駅の2路線が使えるので便利です。周囲にはコンビニやマッサージ屋さんもあります。

駅まではフロントでお願いすればトゥクトゥクで駅まで送ってくれるサービスもあります。

201708BKK (87)



●外観
パッと見た感じではホテルと気づかない8階建てのこじんまりとした建物です。

201708BKK (57)



●リビング&ベッドルーム
サービスアパートなので、簡易キッチン、リビングがあります。リビングとベッドルームの間は簡単な仕切りがあります。

201708BKK (48)


201708BKK (51)


201708BKK (52)



●バスルーム
シャワーブースのみでした。タイ人のコンドミニアムにあるようなシャワースペースでした。

201708BKK (49)


●アメニティ
毎日2本のミネラルウォーターが補充されました。インスタントコーヒーなどもあり、一般的な感じです。洗面台の鏡の後ろに歯ブラシなどがあったので、気づきにくいかもしれません。
8階のプール脇にウォーターサーバーがあって、電気ケトルを持って水を入れに来ている人がいました。

201708BKK (54)


201708BKK (55)


201708BKK (77)


●プール&フィットネス
屋上にプールと簡単なフィットネスルームがありました。

201708BKK (80)


201708BKK (79)


●ランドリールーム
屋上のフィットネスルーム脇に洗濯機が並んでいました。長期滞在する場合は便利ですね。

201708BKK (78)



●朝食レストラン
レストランを利用していないので、メニューなどはわかりません。フロント脇にありました。
ただ、8月中旬からレストランのマネージメントの入れ替えがあるようで、半月程閉店すると案内がありました。


●サービス
「ホテル」というより「サービスアパート」なのでさっぱりとしたサービスです。


●総評
BTSとMRTの駅が使えるので、電車で行動したい自分にとっては便利なホテルでした。バーなどはありませんが、簡易キッチンがあるので部屋で料理を温めたりできます。食器洗剤も備えてあって使った食器なども洗えるので、ホテルで「コーヒーの後にお茶を飲みたいけど、ゆすぐだけしかできない」ということはありません。

リビングや簡易キッチン付きの部屋に安く泊まりたいという方にはお勧めです。



↓年会費無料で購入日から180日間のショッピングセーフティ保険付き、ビックカメラでも現金同率還元
コジマ×ビックカメラカード



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly