旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

ベトナム航空

ベトナム航空が「ウィークエンドサーチャージ」を徴収開始






こんにちは、ヴァンダーです。

ベトナム航空(VN)が「ウィークエンドサーチャージ」なるものを2019年4月1日以降の出発について加算するそうです。

VN_weekend surgerge

※ベトナム航空のニュースリリースはこちら


適用開始日
2019年4月1日(月)以降出発分について、2019年1月10日(木)以降の発券には以下の条件のウィークエンドサーチャージが加算されます。
 •アウトバウンド(日本発 ベトナム行き):土・日・月 発の国際線
 •インバウンド(ベトナム発 日本行き) :金・土・日 発の国際線

ウィークエンドサーチャージは、発券時に航空券の運賃に加算されます。
また上記適用開始日以前に発券された航空券でも、変更などで再発券の必要性が生じた場合には、適宜徴収いたします。
ウィークエンドサーチャージ額 (1区間)
 •エコノミー、プレミアムエコノミークラス: 2,000円 (エコノミーライトを除く)
 •ビジネスクラス:4,000円



ホテルなどでは「リゾート税」やニューヨークのホテルは「客室占有税」なる不可思議なものを加算されたりしますが、航空会社で「諸税」や「燃油サーチャージ」のほかに航空会社独自に料金を加算するのは珍しいですね。というよりも、航空料金は予約クラスや混雑度、シーズンによって料金は日々変動しているので、航空運賃の中に紛れ込ませてしまえば、利用者は分からないのではないでしょうか。

もしかして、デルタ航空(DL)のスカイマイルでベトナム航空の特典航空券を発券すると、この「ウィークエンドサーチャージ」がちゃっかり加算されるのも、と思って特典航空券とベトナム航空の有償航空券を比較してみました。


平日:2019年5月21日羽田→ハノイ

(1)デルタ航空での特典航空券・・・費用は3,570円
20190521TYOHAN_DL_VN



(2)ベトナム航空での有償航空券・・・費用47,940円
20190521TYOHAN_VN_VN



週末:2019年5月25日羽田→ハノイ

(1)デルタ航空での特典航空券・・・費用は3,570円
20190525TYUHAN_DL_VN



(2)ベトナム航空での有償航空券・・・費用49,940円
20190525TYUHAN_VN_VN




デルタ航空の特典航空券では、曜日による費用の変化はありませんでした。一方、ベトナム航空の有償航空券では、土曜日発の料金が2,000円高くなっていました。これが「ウィークエンドサーチャージ」なのでしょうか。

ひとまず、デルタ航空のスカイマイルを使った特典航空券では「ウィークエンドサーチャージ」が加算されないことが分かり、一安心。


ベトナム航空はLCCが運航していた関空ーダナン線に就航したり、成田/羽田/中部/関空/福岡空港と日本路線を積極的に増やしていて好調なようです。そのためか、スカイマイルを使っての特典航空券が取りにくくなった気がします。スカイチームでは貴重な東南アジアのキャリアなので、個人的には特典航空券用の座席を増やしてもらいたいです。




↓豊富な現地ツアーで滞在時間を有効活用



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

ベトナム航空の「ベトナムエアラインズカード」で自動的にスカイチーム・エリート会員








こんにちは、ヴァンダーです。

三井住友カード社とベトナム航空が提携して2018年7月2日から発行を開始した「ベトナムエアラインズカード」。「ベトナムエアラインズゴールドカード」と「ベトナムエアラインズカード」の2種類がありますがどちらもスカイチーム・エリート会員の資格が自動的に付くベトナム航空の上級会員になれるとのこと。

年会費の安い「ベトナムエアラインズカード」の場合、年会費5,000円(+消費税)でスカイチームのエリート会員になれるのは、AMEX社発行の「デルタAMEX」より年会費の面ではおトクですね。

Vietnam_Airlines_card



このカードの会員になると、「ロータスマイルプログラム」の「チタニウム会員」になれるそうです。

lotus_titanium



ただしこのカード、100円=1マイル貯まるものの、東京-ベトナムの特典航空券は片道で4万マイル(エコノミークラスですよ!)も必要となるので、カード決済でマイルを貯める魅力は薄いです。

ベトナムと日本を往復するようなビジネスパーソンなら付帯サービスも含めてメリットがあるかもしれませんが、マイルの価値だけを考えるならデルタ航空で貯めた方がマシです。このカード、「マイルを貯めるためにカード利用させよう」という気があるようには思えません。

ベトナム航空の上級資格を与えるための「年会費」狙いではないでしょうか? というのは「ベトナムエアラインズゴールドカード」の年会費は40,000円(+消費税)と強気な設定。セール時のベトナム航空のチケットより高いです。カード保有だけさせて、年会費で儲けようとしているのではないかと邪推してしまいます。

とはいえ、「デルタゴールドAMEX」の改悪で、スカイチーム・エリート会員の資格が欲しいために来年「デルタAMEX」に切り替えようと考えている自分にはある意味魅力的。「デルタAMEX」への切替を止めて、年会費5,000円で済む「ベトナムエアラインズカード」にしようかと考えてしまいます。

このタイミングでこのカードを発行したのは、「デルタAMEX」難民を狙っていますか。三井住友カードさん?



■■■関連記事■■■


とうとう改悪・デルタアメックス

デルタゴールドAMEXを将来的に一般に切り替えるか?!

スカイチーム・エリート会員とエリートプラス会員の違い

AMEXのログイン画面横の「デルタAMEXリニューアル画像」に不快感




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

デルタゴールドAMEX会員向けにベトナム航空から注意喚起






ベトナム航空がデルタゴールドAMEX会員向けにお知らせを掲載してます。

VN_info_20171108_1

VN_info_20171108_2


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード保有のお客様のデルタ航空ゴールドメダリオン会員番号につきまして、ただ今弊社予約システムとデルタ航空システムとの間の不具合で、ご予約記録上でエリートプラスの会員レベルが確認できない事象が多数発生しております。


デルタゴールドAMEX会員の場合、スカイチーム・エリートプラス会員となるのですが、データがデルタ航空との間で正常に連動できず、会員ステータス情報がベトナム航空側に反映していない可能性があるとのことです。

自分が利用した2017年9月時点では問題なく会員ステータス情報はベトナム航空に連動されていて、ボーディングパスに「SKY PRIORITY」と印字されていました。

デルタ航空は10月にシステムをいじっていたようで、ウェブサイトやアプリで特典航空券の検索が一時期できなくなっていました。デルタ航空の予約課でも同様の事象が発生していて、空席照会は別のシステムを使わなければならないと言われたことがあります。そのシステム変更の影響でしょうか。

しかし、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード保有のお客様」と顧客を絞ってお知らせを出していると言うことは、ベトナム航空側で「本来のエリートプラス会員」と「デルタゴールドAMEXのエリートプラス会員」の区別が付くのでしょうか?

デルタ航空内では分けて顧客管理されているようなので、デルタ航空から連携される会員ステータスで抜け落ちている会員を調べたら、デルタゴールドAMEX会員だった、ということなのでしょうか?

いずれにせよ、デルタゴールドAMEXの特典見直しの始まりとならなればいいのですが。

ベトナム航空を利用されるデルタゴールドAMEX会員の方はご注意ください。



↓年会費無料で購入日から180日間のショッピングセーフティ保険付き、ビックカメラでも現金同率還元
コジマ×ビックカメラカード

↓クリックしてもらえるとうれしいです。



にほんブログ村




2017年9月フエ&ダナン旅行(その6)・VN1374(SGN-HUI)でフエへ





こんにちは、ヴァンダーです。ベトナム1日目です。

ベトナムで国内線に乗るのは初めてです。てっきり国内線搭乗でもスカイプライオリティが使えるのかと思いきや、沖止めのためバスでの移動。ゲートでは優先搭乗などもなく、普通に搭乗手続きが行われていました。

201708HUIDAD (50)


出発フロアーから階段でバスゲートに下りて外に出ると、大型バスと小型バンが停まっていました。係員に「スカイプライオリティだけど、小型バンに乗れるのか?」と尋ねると「Yes」とのこと。ここで差別化していたようです。

満員の大型バスを横目に快適な小型バンに乗り込んで座って搭乗機まで運んでもらえました。

201708HUIDAD (51)



機体はエアバスの321の小型機です。エコノミークラスの座席配列は3-3。なぜか満員ではないのに、空席列もある不思議なアサイン。自分の列も自分+ベトナム人ご夫婦の3人がけをしていたので、ドアが閉まってからキャビンクルーにことわって、空いていた別の席に移りました。

201708HUIDAD (53)


短時間とはいえ、1列を独り占めできると快適です。機内サービスは水のみ。短時間の国内線なので仕方ありません。パーソナルモニターなどもないため、Fire端末で映画を観ていました。

あっという間にシートベルト着用と降下開始のアナウンスがあり、タブレットの電源を切るようにクルーから言われました。機内モードにしていてもダメなようです。このあたりは国によってルールが違いますね。

離陸後は台風の影響もなく、順調に航行して再三変わったスケジュール通りにフエ空港へ到着しました。

201708HUIDAD (54)


ここでも沖止めになり、バスでターミナルへ向かいます。今回は預けた荷物はないので、荷物受取り場はそのまま通過して到着ロビーへ。

201708HUIDAD (55)


今回はホテルに送迎をお願いしていたので自分の名前のカードを持った人を探しました。自分の名前を見つけ、おじさんに自分の名前とホテル名を告げてして、駐車場へ案内してもらい車に乗り込みました。

ホテルの送迎料金は普通にタクシーを使うより若干高いかもしれませんが、ぼられる心配もなく、チェックアウトの際にまとめて支払うためカード払いもできます。そんなことから今回はピックアップをお願いしました。

空港からホテルまで意外に距離があり、30分弱の時間がかかった気がします。中心部に近づくと街はにぎやかになり、今回の宿泊先の「Midtown Hotel Hue」へ到着しました。




↓豊富な現地ツアーで滞在時間を有効活用


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2017年9月フエ&ダナン旅行(その5)・ベトナム航空の国内線でもスカイプライオリティ





こんにちは、ヴァンダーです。ベトナム1日目です。

ベトナム航空の国内線ターミナルのチェックインカウンターの手前には「スカイプライオリティ」の看板がありました。国内線でも使えるというのはありがたいです。

201708HUIDAD (34)


一般用のカウンターとは異なり、空いていてすぐに手続きをしてもらえました。フエまでのフライトは自分の持っている旅程表からは約1時間遅れのようですが、スタッフによると「遅延ではなくスケジュール変更」とのこと。表現の違いなのでしょうか?

201708HUIDAD (35)


ラウンジのインビテーションクーポンももらって、上のフロアへと進みました。

まずはセキュリティチェックです。長蛇の列でその中に並ぶのかと思うとうんざりします。残念ながら「スカイプライオリティ」の看板はありません。しかし、一番手前に「VIP/Business Class/Crew」の看板のあるレーンがありました。試しにそのレーンに進んで係員にボーディングパスの「スカイプライオリティ」の印字を見せたところ、通してくれました。どうやらここでもデルタゴールドAMEXのおかげで行列に並ばなくて済みました。

出発エリアは国際線ターミナルとは違い、古く懐かしさも感じる建物です。館内マップを見ると、「Vietnam Airline Business Class Lounge」と「SASCO Business Class Lounge(Le Saigonnais Business Lounge)」は隣り合っています(赤い枠で囲った部分)。

201708HUIDAD (39)


ベトナム航空のラウンジを探して歩き回りましたが、入り口が一つしか見つからず、そのラウンジでラウンジクーポンを見せてここなのか確認したところ、ここだということでした。館内マップが分かりにくかったです。結局、ベトナム航空のラウンジと共用ラウンジは同一でした。

201708HUIDAD (36)


201708HUIDAD (40)


ラウンジの中は国内線ラウンジとは思えないくらい充実しています。ホットミールからフルーツ、ベトナムならではのフォー、冷蔵庫の中にはドリンクも豊富です。座席横には電源もあり、スマホの充電もできます。

201708HUIDAD (41)

201708HUIDAD (42)

201708HUIDAD (45)


ラウンジ内はゆったりした雰囲気で、国内線ラウンジとは思えません。

201708HUIDAD (49)


Fire端末で映画を観ながら食事をしてしばし休憩。

201708HUIDAD (48)


搭乗時刻が変更になっていないか気になったので、受付のスタッフに搭乗券を見せて再度、搭乗時刻を確認すると、ボーディングパスの搭乗時刻を書き直してくれ「Delay?」と聞くと「On schedule」という答えが。ディスプレイを見ても「Delay」表示がなく出発時刻が変わっています、どうやら遅延扱いにするのではなく、スケジュールを変更しているようです。台風の影響なのか、日常のオペレーションなのかは分かりませんが。

2時間以上フライトを待ったわけですが、このラウンジが使えてよかったです。





↓豊富な現地ツアーで滞在時間を有効活用


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly