旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

ホテル

ついにBookig.comカードの新規受付が終了に








13515928

※画像:PIXTA


こんにちは、ヴァンダーです。


booking_com_card



1%の自動キャッシュバックと付帯保険が魅力的だった「Booking.comカード」。2021年9月30日で申込み受付終了となっていました。


bookingcom_card_end_1



既存会員へのキャッシュバックサービスは2022年3月31日利用分が対象になるとのこと。。


bookingcom_card_end_2



年会費無料で海外旅行・国内旅行傷害保険付帯、ショッピング利用で自動キャッシュバック、会員募集当初はBooking.comのジーニアス会員になれる、ということで所有していました。隠れた名カードだと思っていたのですが、新型コロナ感染症で旅行どころではなくなり、このカードの目的である「Booking.comの予約サイト」に会員を誘引して、頻繁に予約させるということができなくなり、サービス維持が難しかったのかもしれません。


1%キャッシュバックでは「My Cloudプレミアムカード」がVisaのタッチ決済やケータイクレジットの「iD」がカードに搭載されていて、しかも海外旅行傷害保険が付帯と、これも隠れた名カードだと思います。さて、こちらはサービス維持されるでしょうか?


■■■関連記事■■■

2018年版クレジットカードの見直し(新規取得)・Booking.comカードをゲット








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


ホテル予約サイト「Booking.com」を国内ホテル予約でも活用








14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

海外旅行の際に現地のホテル予約によく使っていたのが「Hotels.com」と「Booking.com」。後者の「Booking.com」は現地払いにできるホテルが多く、またこじんまりした小規模のホテルを予約できるのでよく使っていました。

そんなことから取得したカードが三井住友カード社から発行されている「Booking.comカード」。このカード、あまり世間で話題にならないのですが、月間利用金額の1%がキャッシュバック対象になって、海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険も利用付帯、それでいて年会費無料なので隠れた名カードではないかと思っています。


booking_com_card



特に1%のキャッシュバックは、ポイントの交換や「期間限定ポイントの消化」など面倒なことを考えなくてもよいので、カードを毎月継続して利用するのであれば、自動的に受けられる特典になっています。


booking_com_card_point



そしてこのカードの会員の特典として「Booking.com」の先着5万名「Genius」会員になれるというものがありました(この記事を書いている2021年4月時点では終了している模様)。


genius__



Genius会員になると、対象ホテルで10%オフになるので、おトク感が増します。そして自分はいつの間にやら「Geniusレベル2」になっていました。

「Geniusレベル2」になると、対象ホテルで15%オフになったり、無料で朝食が付くそうなのですが、そういったホテルはお高いホテルなのか、自分が予約ホテルではめったに遭遇しません。15%オフは恩恵に預かったことがありますが。


genius



2020年の都心のビジネスホテル宿泊でも、この特典を使ってお安くホテルに泊まることができました。

しかも「Booking.comカード」専用のリンクから宿泊予約すると、5%キャッシュバックになるのでさらにオトクです。この特典、実は「Booking.comカード」で宿泊代金の支払いをしているかどうかは関係がありません。キプロスに宿泊したホテルは「現金支払いのみ」でしたが、後日キャッシュバックされました。

国内宿泊では楽天トラベルやじゃらんがホテル宿泊予約サイトとしては強いと思いますが、自分はGenius特典を組み合わせて「Booking.com」も国内ホテル予約で活用しています。

新型コロナウイルスの感染拡大で、旅行業界は大打撃。この「Booking.comカード」もサービス終了してしまうのではないかと危惧しています。








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2021年の年始は東京で








14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

いつもならタイや台湾で新年を迎えていましたが、今回は東京で過ごしていました。

2020年10月の時点では実家に帰省しようと思っていて、国内線のフライトを予約。実家で自分から家族に新型コロナを感染させたりすると困るので、なるべく接触を断つべく実家近くのビジネスホテルも予約していました。

しかし、12月になると感染者数は増加の一途。「自分は大丈夫」と思っていても、万が一感染させる、自分が感染する、ということになると後悔することになりそうなので、12月中旬に帰省を諦めました。

となると年末年始は東京滞在、ということで都心のビジネスホテルに宿泊することにしました。

2020年は連休を使って都心のビジネスホテルに泊まる、ということを何度かしたのですが、訪日観光客がいないためかどこも宿泊料金が安いです。以前の台北のホテルのほうが高く感じます。

そして自分が何をするかというと、ホテルの部屋にこもって動画配信でアメリカのドラマ一気に観たり、ホテル近くのカフェで本を読んだりと、ほぼ引きこもり。その間はなるべくテレビを観ないことで、しばし現実世界から逃避できます。海外滞在中に日本のニュースを見ないのと同じ状態です。

別にホテルに泊まらなくても自宅でいいのではないかとも思われるかもしれませんが、自分にとってはこれも気分転換。

なるべく快適に滞在したいので、ワンドリップの個別包装のコーヒーやタンブラー、ミニスピーカーなども持参。動画の見過ぎで目がつかれるので「めぐりずむ 蒸気でアイマスク」などもバッグに入れました。それに、毎日の体温を会社に報告しないといけないので体温計も持参です。

2021年も海外には行ける見込みはなさそうなので、連休があれば都心ステイをして、ホテルの近くを散歩したりして普段知ることができない東京を体験したいと思っています。


■■■関連記事■■■

2020年の年末はタイで年越しの予定でした







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行・The RuMa Hotel and Residence宿泊記








こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプールに行くと、よくチャイナタウンのホテルに泊まっていましたが、今回は初マレーシアの友人と一緒ということもあり、KLCCに近く、プールのあるホテルということで選びました。一緒に行った友人は「部屋のインテリア」もホテル選びの観点ということで、そのポイントも勘案しました。


●立地
KLCCとパビリオンの中間地点にあります。モノレールのRaja Chulan駅から歩いてホテルへ行ったのですが、LRTのブキッ・ビンタン駅で降りて、パビリオンの吹き抜けを突っ切り、歩いても同じだったかもしれません。モノレールは移動に不便だったので、2回目からは後者の方法で移動しました。


●外観
名前の通り、ホテルとレジデンスが一体となっている高層ビルです。

202002_KUL (88)




●部屋
広くて落ち着く部屋でした。窓のブラインドの向こうのカーテンはスイッチで操作するようになっていました。

202002_KUL (91)



●バスルーム
広いバスルームにはバスタブとシャワーエリアがありました。日本人としては、体をバスタブの外で洗って、バスタブにゆっくりつかるということができるのでうれしかったです。バスソルトも備えてありました。


202002_KUL (92)

202002_KUL (97)



●アメニティ
このホテルを選んだポイントの一つに「ミニバーの中のドリンク飲み放題」がありました。ビールやソフトドリンク、ジュースがあり、毎日補充。他にもフリーのミネラルウオーターもあり。夜のターンダウンサービスの際、ミネラルウォーターのボトルがベッド脇に新しく置いてあるという気配りはありがたかったです。
他にも歯ブラシ、スリッパ、バスローブなどももちろん備えてありました。


202002_KUL (99)

202002_KUL (100)




●プール・ジム
6階にあります。プールサイドは屋内エリアと屋外エリアがあり、屋内エリアにいれば「日焼けしすぎずにプールサイドで寛ぐ」ということができます。プールサイドにバーがあるのですが、周りを観察していたら、部屋のミニバーから飲み物を持って来ている人が多かったです。


202002_KUL (128)




●朝食レストラン
M階にあり、優雅な雰囲気のレストランです。ホットミールはメニューから選んでテーブルで注文。サラダやパン、デザートなどはブッフェ形式になっています。メニューから選ぶホットミールはいくつでもいいようで、卵料理を頼む際は中に入れる具材の好みも聞いてくれました。

202002_KUL (117)

202002_KUL (116)



●サービス
チェックインの際はドリンクと冷たいおしぼりのサービスがあり、暑い中歩いてきた自分にはありがたいサービスでした。スタッフはみなさん笑顔で対応してくれ、印象はグッドです。


202002_KUL (89)




●総評
Booking.comの返金不可料金で予約。ジーニアス特典で割引になったこともあり、1泊約13,500円/部屋とこのサービスにしてはかなり安く満足の行く滞在となりました。場所がやや不便でしたが、慣れればパビリオンの裏口まで散歩気分で行けるため、特段面倒には感じませんでした。実はこのホテル、The Leading Hotels of the Worldに加盟していて、加盟ホテルとしてはクアラルンプール唯一。この価格で泊まれたのは、ホテル代が安いクアラルンプールならではかもしれません。









↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行・Timez Hotel Malacca宿泊記








こんにちは、ヴァンダーです。


2度目のマラッカ訪問。今回は友人と一緒ということで、「観光が徒歩でできる」「そこそこの広さがある」という観点でホテル選びをしました。友人は「室内のインテリア」もホテル選びの観点のようで、今回はそれらを満たしたホテルとなりました。


●立地
マラッカ観光のメインストリート「ジョンカー・ウォーク」から横道に入ったところにあります。徒歩観光で疲れた時もホテルにすぐに戻れるので便利です。ホテルの並びのカフェの割引券がフロント脇にあり、利用させてもらいました。


202002_KUL (23)




●外観
古い建物が多いマラッカでモダンなデザインです。


202002_KUL (30)




●部屋
一番安いタイプの部屋だったためか、ベッドややや小さい? 大きな荷物を持っている場合は広げるのに苦労するかもしれません。でも、清潔感のある掃除の行き届いた部屋でした。


202002_KUL (40)




●バスルーム
バスタブはなくシャワーのみ。


202002_KUL (43)

202002_KUL (42)




●アメニティ
歯ブラシやスリッパなど基本的なものは備えてありました。ネスプレッソのマシンがあったのがグッド! おいしいコーヒーを飲めました。


202002_KUL (41)




●プール・ジム
設備なし。


●朝食レストラン
フロント奥のエリアが朝食レストランです。チェックインの際にメニューから選んでお願いしておくシステムでした。


202002_KUL (75)




●サービス
可もなく不可もなく。フロントの女性がやや不愛想でした。


202002_KUL (77)




●総評
マラッカ観光をするなら便利な立地です。横道にあるため夜も静かでした。機会があれば、また泊まってみたいホテルです。





↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly