旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

マレーシア

2020年2月マレーシア旅行・まとめ








こんにちは、ヴァンダーです。


202002_KUL (48)



新型コロナウイルスの感染がじわじわと広がっていた2020年2月下旬。新しい天皇誕生日の祝日を使って、マレーシアのマラッカとクアラルンプールを訪れました。今回は友人と二人旅ということで、いつもよりもランクアップしたホテルに泊まることができました。

また、二人だと食事をするときも選択肢が拡がり、以前訪れたことのある場所に行ったものの、一人旅とは違った楽しみ方をできました。

帰国後、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、海外への渡航自粛要請が出され、さらには日本国内でも緊急事態宣言が発出される事態になるとはこの時点では思ってもいませんでした。この後に計画していた旅は次々とキャンセルすることとなり、この記事を書いている2020年6月時点では、この旅が最後の海外旅行となりました。


2020年2月マレーシア旅行(その1)・おっさん二人でマレーシアへ

2020年2月マレーシア旅行(その2)・TIAT LOUNGEはやはり狭く、シャワー待ちになった

2020年2月マレーシア旅行(その3)・クアラルンプール国際空港では到着時に「PLAZA PREMIUM LOUNG」を利用可能

2020年2月マレーシア旅行(その4)・マラッカの日暮れ時のフローティングモスクを見るならGrabが便利

2020年2月マレーシア旅行(その5)・ニョニャ料理に舌鼓。そしてマラッカの夜は川沿いのバーでまったり

2020年2月マレーシア旅行(その6)・Touch 'n Goカードの有効期限は1年? お願いしたら残金を返金してもらえた

2020年2月マレーシア旅行(その7)・マレーシアでもマスクは売り切れ。ハンドサニタイザーは個数制限で販売中だった

2020年2月マレーシア旅行(その8)・クアラルンプール初日はブキッ・ビンタン周辺を散策

2020年2月マレーシア旅行(その9)・ワンウタマショッピングセンターへ。帰りにチャイナタウンのカフェに立ち寄り

2020年2月マレーシア旅行(その10)・The RuMa Hotel and Residenceのプールサイドでまったり

2020年2月マレーシア旅行(その11)・The RuMa Hotel and Residenceの朝食

2020年2月マレーシア旅行(その12)・KLIAエクスプレスにTouch 'n Goカードで乗車。残高不足で改札から出られない場合は?

2020年2月マレーシア旅行(その13)・NH886(KUL-HND)で帰国の途に

2020年2月マレーシア旅行・Timez Hotel Malacca宿泊記

2020年2月マレーシア旅行・The RuMa Hotel and Residence宿泊記






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行・The RuMa Hotel and Residence宿泊記








こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプールに行くと、よくチャイナタウンのホテルに泊まっていましたが、今回は初マレーシアの友人と一緒ということもあり、KLCCに近く、プールのあるホテルということで選びました。一緒に行った友人は「部屋のインテリア」もホテル選びの観点ということで、そのポイントも勘案しました。


●立地
KLCCとパビリオンの中間地点にあります。モノレールのRaja Chulan駅から歩いてホテルへ行ったのですが、LRTのブキッ・ビンタン駅で降りて、パビリオンの吹き抜けを突っ切り、歩いても同じだったかもしれません。モノレールは移動に不便だったので、2回目からは後者の方法で移動しました。


●外観
名前の通り、ホテルとレジデンスが一体となっている高層ビルです。

202002_KUL (88)




●部屋
広くて落ち着く部屋でした。窓のブラインドの向こうのカーテンはスイッチで操作するようになっていました。

202002_KUL (91)



●バスルーム
広いバスルームにはバスタブとシャワーエリアがありました。日本人としては、体をバスタブの外で洗って、バスタブにゆっくりつかるということができるのでうれしかったです。バスソルトも備えてありました。


202002_KUL (92)

202002_KUL (97)



●アメニティ
このホテルを選んだポイントの一つに「ミニバーの中のドリンク飲み放題」がありました。ビールやソフトドリンク、ジュースがあり、毎日補充。他にもフリーのミネラルウオーターもあり。夜のターンダウンサービスの際、ミネラルウォーターのボトルがベッド脇に新しく置いてあるという気配りはありがたかったです。
他にも歯ブラシ、スリッパ、バスローブなどももちろん備えてありました。


202002_KUL (99)

202002_KUL (100)




●プール・ジム
6階にあります。プールサイドは屋内エリアと屋外エリアがあり、屋内エリアにいれば「日焼けしすぎずにプールサイドで寛ぐ」ということができます。プールサイドにバーがあるのですが、周りを観察していたら、部屋のミニバーから飲み物を持って来ている人が多かったです。


202002_KUL (128)




●朝食レストラン
M階にあり、優雅な雰囲気のレストランです。ホットミールはメニューから選んでテーブルで注文。サラダやパン、デザートなどはブッフェ形式になっています。メニューから選ぶホットミールはいくつでもいいようで、卵料理を頼む際は中に入れる具材の好みも聞いてくれました。

202002_KUL (117)

202002_KUL (116)



●サービス
チェックインの際はドリンクと冷たいおしぼりのサービスがあり、暑い中歩いてきた自分にはありがたいサービスでした。スタッフはみなさん笑顔で対応してくれ、印象はグッドです。


202002_KUL (89)




●総評
Booking.comの返金不可料金で予約。ジーニアス特典で割引になったこともあり、1泊約13,500円/部屋とこのサービスにしてはかなり安く満足の行く滞在となりました。場所がやや不便でしたが、慣れればパビリオンの裏口まで散歩気分で行けるため、特段面倒には感じませんでした。実はこのホテル、The Leading Hotels of the Worldに加盟していて、加盟ホテルとしてはクアラルンプール唯一。この価格で泊まれたのは、ホテル代が安いクアラルンプールならではかもしれません。









↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行・Timez Hotel Malacca宿泊記








こんにちは、ヴァンダーです。


2度目のマラッカ訪問。今回は友人と一緒ということで、「観光が徒歩でできる」「そこそこの広さがある」という観点でホテル選びをしました。友人は「室内のインテリア」もホテル選びの観点のようで、今回はそれらを満たしたホテルとなりました。


●立地
マラッカ観光のメインストリート「ジョンカー・ウォーク」から横道に入ったところにあります。徒歩観光で疲れた時もホテルにすぐに戻れるので便利です。ホテルの並びのカフェの割引券がフロント脇にあり、利用させてもらいました。


202002_KUL (23)




●外観
古い建物が多いマラッカでモダンなデザインです。


202002_KUL (30)




●部屋
一番安いタイプの部屋だったためか、ベッドややや小さい? 大きな荷物を持っている場合は広げるのに苦労するかもしれません。でも、清潔感のある掃除の行き届いた部屋でした。


202002_KUL (40)




●バスルーム
バスタブはなくシャワーのみ。


202002_KUL (43)

202002_KUL (42)




●アメニティ
歯ブラシやスリッパなど基本的なものは備えてありました。ネスプレッソのマシンがあったのがグッド! おいしいコーヒーを飲めました。


202002_KUL (41)




●プール・ジム
設備なし。


●朝食レストラン
フロント奥のエリアが朝食レストランです。チェックインの際にメニューから選んでお願いしておくシステムでした。


202002_KUL (75)




●サービス
可もなく不可もなく。フロントの女性がやや不愛想でした。


202002_KUL (77)




●総評
マラッカ観光をするなら便利な立地です。横道にあるため夜も静かでした。機会があれば、また泊まってみたいホテルです。





↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その13)・NH886(KUL-HND)で帰国の途に








こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア最終日。帰りのANAのチェックインカウンターには「中国湖北省・浙江省に滞在した人や両省のパスポートを持っている人は日本への入国ができない」旨のボードがありました。


202002_KUL (157)

202002_KUL (156)



この時点ではまだ海外からの入国客に対する制限が緩く、中国からの入国も一部の制限に留まっていました。マレーシア滞在中は全く新型コロナウイルスの感染拡大の影響は受けずにいたため、空港に来て一気に現実に引き戻された感がありました。

出発までの間はプライオリティパスで利用できる「PLAZA PREMIUM LOUNGE」で一休み。パン好きな自分はクロワッサンとヨーグルトをいただきました。


202002_KUL (159)

202002_KUL (161)




帰りのNH886便の機内に入ると皆さんマスク姿。やはり新型コロナウイルスの感染防止を意識せずにはいられません。

機内食は「鶏味噌掛け」か「白身魚のグリル」の二択。キャビンクルーから「白身魚がおすすめです」と言われているのに「では、鶏料理を」とお願いする自分。デザートのハーゲンダッツアイスも美味しくいただきました。


202002_KUL (165)



食器を下げるときに一緒にドリンクサービスをしていたのですが、ビニール袋から紙コップを取り出す際、紙コップの口を付ける縁の部分をビニール手袋をはめた手で持っていたのが気になりました。乗客が食べ終えた食器を下げるから手袋をしているのに、その手袋をしたまま紙コップの飲み口を持ってどうするのかと。口には出しませんでしたが、内心、注意したくなりました。

日本に近づいて配られたリフレッシュメントのドリンクサービスの際、別のクルーは袋に入った紙コップを逆さにして、紙コップの下の方をつまんで取り出すようにしていました。こちらが正解だと思います。


202002_KUL (166)



フライトは順調に航行して羽田空港に到着。入国審査は自動化ゲート、預け入れ荷物がないので税関へ直行して、無事入国。深夜に羽田空港に到着する便では荷物を機内持ち込みにすると、荷物受取場で荷物が出てくるのをまだかまだかと待つこともなく済むので、気持ち的にラクです。

「無事帰国できてよかった」と友人と話しながら羽田空港で解散。この時点ではこの後、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で海外渡航自粛要請が出ることになるとは考えもしませんでした。








↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その12)・KLIAエクスプレスにTouch 'n Goカードで乗車。残高不足で改札から出られない場合は?








こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア旅行最終日、ホテルからKL Sentral駅にはGrabアプリで車を呼んで移動。KL Sentral駅からはKLIA Ekspressで移動することにしました。

Touch 'n Goカードの残高を残さないために、乗車券販売窓口で残高を確認して、あと何リンギットトップアップすれば乗車できるか聞いてみると、40リンギットと言われました。窓口では残高確認しかできず、トップアップはセブンイレブンに行くように言われました。

セブンイレブンで40リンギットのトップアップをお願いしたところ、10・20・50リンギット単位となるため、40リンギットのトップアップはできないと言われました。仕方なく50リンギットを出してトップアップ完了。レジの後ろに列ができていたので、焦っていたのですが冷静に考えれば、20リンギットを2回操作してもらえばよかったと後悔。また、Touch 'n Goカードの残高が中途半端に残ってしまいます。トップアップには手数料(0.5リンギット)がかかるので、店員さんは「2回分の手数料より1回分の手数料の方がいいだろう」と考えてくれたのかもしれません。

運良く出発間際のKLIA Ekspressに乗ることができ、車窓から濃い緑が生い茂る風景を眺めながらマレーシア滞在を惜しみつつ空港へ。


202002_KUL (154)



KLIAに着いて自分は自動改札を問題なく通過できましたが、友人はゲートが閉まって出ることができません。どうやらTouch 'n Goカードの残高が足りないようです。ゲート脇のスタッフに状況を話すと、友人は改札内に残し、自分を窓口へと連れていきます。友人のTouch 'n Goカードを出して状況を説明すると、端末にカードをかざして残高を確認している模様。10リンギットトップアップすればいいとのことなので、払おうとするとこの窓口ではトップアップできないとのこと。

またスタッフに連れられて近くのマシンへ。画面で10リンギットのボタンを押して20リンギット札を入れようとしたところ、スタッフが「20リンギット札を入れると20リンギットトップアップされる」と言うのです。じゃあ画面で10リンギットを選ぶのは何のためかと不思議に思いつつ、財布の中を探すも10リンギット札はなし。スタッフにお願いして10リンギット札2枚に交換してもらいました。10リンギット札を機械に入れて無事トップアップ完了。

そのTouch 'n Goカードを友人に渡して無事、自動改札を通過することができました。しかし、通れなかった友人ではなく、自分がなぜ窓口に行かなければならなかったのかが不思議です。普通は通れなかった人が手続きするのでは、と思うのですが。

つくづく日本の自動精算機の仕組みは便利だと痛感しました。






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
直接契約よりライセンス購入がおトク
■Evernoteプレミアム版はソースネクストからの購入がおトク



■国内海外の無料Wi-Fi 環境を安全に

登録をお願いします
follow us in feedly