旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

台湾

2020年3月19日(木)から事実上、台湾への入国が不可に








こんにちは、ヴァンダーです。

自分が大好きな台湾。新型コロナウィルスのパンデミックを受けて、事実上2020年3月19日(木)からビザなし旅行での入国ができなくなりました。

20200318_TW_announcement




日台交流協会のお知らせでは次のように案内されています。


1 3月18日,中央流行疫情指揮中心(中央感染症指揮センター)は,衛生福利部疾病管制署のプレスリリースにおいて,次のとおり発表しました。
(1)3月19日午前0時(台湾時間)より,すべての非台湾籍の入境を制限することとする。
(2)全ての非台湾籍者のうち,事前に申請・許可を得た者のみ入境を認めるが,入境後は14日間の自宅検疫とする。

<中略>


3 以上の措置により,3月19日午前0時(台湾時間)より,日本人を含む外国籍者が台湾に入境するには,居留証,外交公務証明,ビジネス契約履行証明,又はその他の特別な許可が必要となるほか,入境後には14日間の自宅検疫を義務づけられることとなります。

4 つきましては,台湾在住・滞在及び台湾に渡航予定の邦人の皆様におかれては,上記台湾当局による措置について十分にご注意頂くとともに,台湾への旅行や出張等を取りやめるなどの検討をお願いします。また,台湾に入境する際の手続や必要書類に関する個別の質疑については,外交部,移民署,台北駐日経済文化代表處等の関係機関にお問い合わせください。


※日本台湾交流協会のお知らせはこちら



この措置がいつまで続くのか分かりませんが、台湾訪問を予定されている方はご注意ください。自分も5月に台湾へ行こうと思っているのですが、どうなるのか全くわかりません。

今は日本で感染がこれ以上広がらないように、まず自分ができることをやるしかありません。


※本記事は2020年3月18日時点の情報に基づき書いているものです。




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その9)・金門島から戻り、再び中国入国








こんにちは、ヴァンダーです。

中国・厦門2日目。

レンタルしたバイクを返す前に、ガソリンを入れておかないといけないので、Googleマップでガソリンスタンドを探して向かいました。金城という外れにガソリンスタンドがありました。スタッフに満タンにしてもらって水頭埠頭へ戻ることにしました。

16時に戻る予定でしたが、1時間弱早く埠頭に戻りました。陽射しが強く、意外に疲れたので、埠頭前のフードコートで休憩するか、さっさと厦門に戻り、そちらでゆっくりしようと考えたのです。

駐車場にバイクを止めて、ヘルメット・鍵・レンタルの書類をカウンターのおじさんに返しました。おじさんは「またね!」と言って送り出してくれました。特段、返却したバイクを確認されることもなかったのですが、大丈夫なのでしょうか?

フェリーターミナルに入ったのが15:20、厦門・五通埠頭行きの乗船券をパスポートを提示して購入。16時発のフェリーのチケットを購入出来ました。

201911 XMN (163)

201911 XMN (165)



こちらではもちろん台湾ドル支払いです。料金は725台湾ドル(約2,580円)。流れに沿って行くと、セキュリティチェックや出国審査があるのは空港と同じです。

201911 XMN (164)



それらを通過すると免税店がありました。待合室は広くなく、乗船口付近で立って乗船案内を待ちました。ほとんどが大陸からの観光客、もしくは大陸側へ行く台湾人といった感じで、外国人っぽい人はあまりいなさそうです。乗船は16時ギリギリになって始まりました。往路の船より乗客は若干少ないものの、大きな荷物を持った人も多いです。

201911 XMN (166)



そして金門島で見かけた自転車レースに出ていた人たちの姿もありました。おそろいのウェアを着ていたので目立ちます。大陸側から参加していたのでしょうか? 金門島-厦門間は中台に分かれているもの往来は多そうです。

帰りの船内では船の揺れが心地よく寝てしまいました。気が付いたときは厦門の五通埠頭に接近したとき。今度は中国の入国審査と税関を通過して、再度中国への入国となりました。

ターミナルの出口付近には携帯電話会社のブースなどがありました。この辺りは空港と同じですね。それを抜けると、タクシーの呼び込み。最初、タクシードライバーだと思い、声をかけてきた人についていきかけたのですがどうやら白タクだったようで、埠頭に来た時の料金よりも倍以上の値段を吹っかけてきました。高すぎるので断って、正規のタクシー乗り場へと向かって車に乗り込み、ホテルの名前と住所を中国語で書いた紙を見せてホテルへと向かってもらいました。

ホテル付近に近づくと、ショッピングセンター「中華城」付近で渋滞になりました。ドライバーさんが中国語で何やら言ってくるのですが、さっぱり分からず。おそらく「渋滞だからこのあたりで降りてくれないか」と言っているのではないかと推測。自分もホテルに帰る前に寄りたいところがあったので身振りで「ここで降りる」と示すと分かってくれたようで、メーターの料金を支払って降車しました。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その8)・金門島をバイクで回る








こんにちは、ヴァンダーです。

中国・厦門2日目。

この日は厦門からフェリーで台湾と中国が対峙する最前線の島、金門島に来ました。

帰りのフェリーのチケットはどうするのかと思い、水頭埠頭の出発側にまわって、帰りのチケットのことを窓口で尋ねると「出発の1時間前から販売」ということでした。

案内所でバイクをレンタルできるところがあるか訪ねてみると向かいの建物の右手にあると教えてくれました。

向かいの建物には、ドラッグストア、土産物屋、セブン-イレブン、そしてレンタカーやレンタルバイクのコーナーがありました。

201911 XMN (161)

201911 XMN (107)



その中からレンタルバイクの店を探して、借りたい旨を告げると、パスポートや運転免許証を聞かれたので、日本の運転免許証とその中国語翻訳、パスポートを提示しました。おじさんがテキパキと書類を作ってくれて、帰りのフェリーは17時の便に乗るつもりと言うと、返却時刻は16時となりました。1時間前から乗船券発売開始なので16時には返却が必要です。その書類に台湾の電話番号とサインをして手続き完了。

渡されたヘルメットの中に紙のシートを敷いてくれました。これならヘルメットの内側に直接髪が触れません。台湾はいろいろ実用的になっています。

201911 XMN (111)



駐車場へ連れられて、バイクの動かし方を教えてくれました。返却前にガソリンを入れてここに止めて先程のカウンターにヘルメットと鍵、書類を返せばいいそうです。

201911 XMN (110)



Googleマップで目的地の方向を確認して、出発することにしました。

この日は金門島で自転車レースが行われていたようで、道路で自転車を走らせている人たちを多く見かけました。いくつか設けられたチェックポイントを経由して次の目的地に向かっている雰囲気でした。

そんな自転車の集団を横目に、快適にバイクで疾走。しかし、海風が強くて途中、ヘルメットが飛ばされることがありました。幸い、後ろから車が来ていなかったからよかったものの、車のフロントガラスに当たっていたら一大事です。

強風の中ではヘルメットを片手で押さえるとハンドルが不安定になるのでどうすることもできず、速度を落として進むしかありません。

金門島で訪ねたのは以下のスポットです。

■翟山坑道(テキザンコウドウ) (Zhaishan Tunnel)
岩盤をくりぬき、全長357メートルの隠し水路は小型上陸挺の基地として作られたそうです。

201911 XMN (119)

201911 XMN (127)

201911 XMN (129)




■獅山砲陣地(Shishan (Mt. Lion) Howitzer Front)
金門島の北部に位置し、中国大陸側を砲撃するために坑道に砲台が作られたもの

201911 XMN (145)

201911 XMN (143)

201911 XMN (150)

201911 XMN (152)




■模範街(Mofan Street )
金門島と大陸側の交流の場として、台湾の青天白日旗と中国の五星紅旗が掲げられた街と写真で見たことがあり、ぜひそれを見たかったのですが、自分が行ったときは台湾の旗だけでした。現在の台中の関係からこうなってしまったのでしょうか?

201911 XMN (158)



金門島の地図を見ると、もう対岸が中国大陸。「最前線」とはいえ、大陸からの観光客も多く、不思議な感じでした。

201911 XMN (132)




金門島は思ったよりも大きな島で、見物スポットが離れて点在しているために、もっと朝早くから来るべきだったと少し後悔。

でも、この島に来られただけでも満足。記念に絵葉書を買ったのですが、この日は土曜日。郵便局は閉まっているので、どこかで切手が買えないものかと、セブン-イレブンやファミリーマートで聞いても置いていないと言われ、ようやくコンビニのHi-Lifeで入手することができました。絵葉書は9日間で日本の実家へと届きました。

201911 XMN (157)








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その7)・台湾金門島へ向かう








こんにちは、ヴァンダーです。

中国・厦門2日目。

中国大陸から10km沖合にあるという台湾統治下にある「金門島」に行くのが今回の旅の目的。

台湾本島からだと200kmも離れているので飛行機で行く必要がありますが、厦門からならフェリーで行けると聞いて行ってみたくなったのです。

事前に船が発着する埠頭の名前を調べていたので、その名前を書いた紙をタクシードライバーに見せて向かってもらいました。

フェリーターミナルなのにまるで空港のような豪華な建物。

201911 XMN (86)


【↓これは乗船口からフェリーターミナルを見た画像】
201911 XMN (101)



ターミナルに着いたのが9:20、窓口で金門島まで行きたいと告げてパスポートを提示すると10時発のチケットを売ってくれました。シーズンによってはこのチケットを買うまでかなり待つことがあるようですが、自分が来たときには問題なくすぐにチケットを買うことができました。

201911 XMN (85)

201911 XMN (90)



【2019年11月時点の金門島へのフェリーの時刻表】
201911 XMN (88)




そして教えてもらった通り、上のフロアに上がるとそこはまた空港のようなセキュリティチェック。

201911 XMN (92)



そして出国審査場がありました。昨日、中国に入国したばかりで早速の出国審査。出国審査を終えると待合室があり、その脇には免税店などがあります。

201911 XMN (94)

201911 XMN (95)



フェリーへの搭乗が始まり、「迅安」という船に乗り込みました。船の中は自由席なものの、9割方座席が埋まっています。スーツケースの人も多いので泊りがけで行く人がいるのかもしれません。

201911 XMN (97)

201911 XMN (100)

201911 XMN (102)



動き出して約30分で金門島の埠頭に到着。今度は台湾側の入国審査です。入国カードは航空機の機内で配られるものと若干異なっていました。大陸からの観光客は台湾側の入国許可証のようなものを持っています。

201911 XMN (106)



日本国籍の自分はパスポートと入国カードを出すとあっさり手続き完了。税関ではX線検査台に荷物を置いて、検査をして通過。

ここまで思っていたより簡単に金門島に来ることができました。台湾側に来ると心なしか気持ちがホッとしました。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年10月台湾・台北旅行・まとめ








こんにちは、ヴァンダーです。

2019年10月に訪れた台湾・台北の旅行記のまとめです。いつも泊まっているホステルの近くに、カフェが多いことにようやく気付きました。台北はいろいろ散策してみると楽しい街です。

201910 TPE (91)



2019年10月台湾・台北旅行(その1)・NH851(HND-TSA)で台風前日に台北へ

2019年10月台湾・台北旅行(その2)・Xiaomiのリペアショップでバッテリー交換を断られる

2019年10月台湾・台北旅行(その3)・HOSTEL JIIZUにチェックイン

2019年10月台湾・台北旅行(その4)・いつもの和菓子屋さんへ

2019年10月台湾・台北旅行(その5)・台湾のモーパラで友人とランチ

2019年10月台湾・台北旅行(その6)・台湾国立博物館と現代美術館へ

2019年10月台湾・台北旅行(その7)・台湾新文化運動記念館のカフェで一休み、そしてマッサージ

2019年10月台湾・台北旅行(その8)・食べ物充実の寧夏夜市でメシ

2019年10月台湾・台北旅行(その9)・台湾のファミリーマートでHappyGoポイントを貯めるつもりが、なぜか貯まっていなかった

2019年10月台湾・台北旅行(その10)・軟食力でブランチ

2019年10月台湾・台北旅行(その11)・信義エリアで買い物

2019年10月台湾・台北旅行(その12)・南京三民駅近くでカフェ巡り

2019年10月台湾・台北旅行(その13)・帰国日に朝からマッサージ屋へ

2019年10月台湾・台北旅行(その14)・NH854(TSA-HND)で帰国

2019年10月台北旅行・HOSTEL JIIZU宿泊記







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly