旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

成田空港

2018年10月台北旅行(その14)・JL804(TPE-NRT)で帰国






こんにちは、ヴァンダーです。

台湾4日目、最終日。

搭乗ゲートは第2ターミナルの端っこ。床の大理石がピカピカしていてきれいです。

201810_TPE (219)

201810_TPE (220)



下のフロアに降りて待合室で待っていると、搭乗が少し遅れるとのアナウンス。もう少しゆっくり免税店を見ていてもよかったかなと少し後悔。

201810_TPE (221)



搭乗が始まって自分は前列の方なので最終グループです。機体はボーイングの737型機。通路が真ん中に1本の小型機。最近は台北・松山空港線の方が大きな機体で運用していて、桃園国際空港は小型機で運用しているんですね。台湾への特典航空券がなかなか取れないのが納得できます。それに台湾ベースのワンワールドの提携先がないので、JALは乗継ぎでの台湾以遠の路線を考慮せず、日台間の路線でのみ旅客計画を立てているんでしょう。

座席のモニターで、往路のフライトで途中までしか見ることができなかった映画の続きを観ようとしたのですが、あいにくエンターテイメントシステムのバージョンが異なるため、その映画がリストの中にありません。残念。仕方がないので、Fire端末で読書をしていました。

機内食は選択の余地がなくやはり一種類(コスト削減でしょうか)。それでも味はANAより美味しく感じました。

201810_TPE (224)



出発は10分ほど遅れしたが、成田空港には予定より早く到着。第2ターミナルの本館側のゲートに停められたものの、端っこのゲートだったので入国審査場まではかなりの距離がありました。しかも手前の入国審査場はクローズされていて、まだ先の審査場まで行かなければいけないという不便さ。これ、何とかなりませんかね。せめて自動化ゲートだけでも稼動させて欲しいです。

受け取り荷物はなかったので、そのまま税関を通過して地下の鉄道の乗り場へ。ちょうどスカイライナーが出てしまった後だったので、アクセス特急で途中で乗り換えて帰宅することに。成田空港から帰宅する際、電車に乗れるタイミングがうまく合わないと帰宅するまでかなりの時間がかかります。電車の運転間隔が羽田空港のモノレールとは比べ物にならないからだと思います。

自宅に着いたらなぜかぐったり疲れが出てきました。前月のラオス旅行から短い間隔で旅行に行ったからかもしれません。やはり年齢とともに回復力が弱ってきます。とはいえ、今回も無事帰国できてよかったです。

明日からはまた仕事。次の旅行のために真面目に働けなければなりません。





↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年9月ラオス&タイ旅行(その27)・Grabでスワンナプーム国際空港へ。JL708(BKK-NRT)で帰国







こんにちは、ヴァンダーです。

タイ3日目、最終日。

この日のフライトは朝の8:10発。エアポートレイルリンクの始発で行けば、チェックインに間に合うのですが、接続するMRTがまだ動いていないので、結局タクシーを使うことになります。マッカサン駅の近くのホテルの方がよかったかもしれません。

こんな時はGrab利用だと思って車を予約すると、早朝だからでしょうか、通常のタクシーと変わらない料金。そして来た車は普通のタクシーでした。

これなら普通にタクシーで行ってもよかったのかもしれませんが、Grabアプリを使うと料金をカード決済できるので、その分おトクと自分に言い聞かせて、車の中で中では半分睡眠状態で空港へと向かいました。

車が速度を落として大きくカーブを曲がっている感じがしたので目を覚ますと、スワンナプーム国際空港が近づいてきました。

出発フロアの真ん中あたりで降ろしてもらって、問題なくGrabアプリで支払完了。現金授受やチップのことを心配せずとも支払いが済ませるのはメリットでしょうか。

空港の中に入ると空調がガンガンに効いていて寒いくらいです。バッグから上着を取り出し羽織りました。

フライトの出発の2時間半前に着いたのですが、JALのチェックインカウンターは長い行列ができていました。その列に並んで搭乗手続き。なんなく済んで次はセキュリティチェックへ。

201809_LPQ_BKK (419)



以前は普通のX線検査機と全身のボディスキャン機の2種類があったのですが、すべてボディスキャン機に変わっていました。靴まで脱がされるので、ここのセキュリティチェックは時間がかかるんですよね。

セキュリティチェックを通過すると次は出国審査。ここでも、出国カードに記入していない人がいたり、オーバーステイの人がいたりで時間がかかって、ちょっとイライラ。どの列に並ぶかでかなり差が出ます。

ようやく出国審査を抜け、向かったのはプライオリティ・パスが使える「エールフランス・KLM」のラウンジ。

201809_LPQ_BKK (420)


さすが中のインテリアはオシャレです。食事系もいろいろありましたが、早朝だったためかあまり食欲がなく、軽く紅茶をいただいて、ゆっくりすることにしました。

201809_LPQ_BKK (425)

201809_LPQ_BKK (424)



財布を海外用と日本用に入れ替えたり、自宅のカギを取り出しやすいところに入れたりと、荷物の整理。

搭乗時刻が近づき、ゲートへ移動して、JL708便へと乗り込みました。このフライトは成田行き。この1本後に羽田行きがあったので、前日に予約の変更ができないかJALの予約センターに電話したのですが、あいにく空席なしとのこと。この帰国前日にフライト変更をするというのはなかなか成功しません。

機内ではほとんど寝ていました。朝が早く寝ていなかったのと、旅の疲れが出たのかもしれません。機内食は食べたのですが、珍しく写真を撮っていませんでした。

フライトは予定より若干遅れて成田空港へ着陸。第2ターミナルの本館のゲートだったので歩く距離が少なく助かりました。サテライト側の端っこだと、スワンナプーム国際空港並みにかなりの距離があります。

201809_LPQ_BKK (430)



今回の旅では、初めてのラオス訪問でしたが、思った以上に気に入り、また行ってみたい国になりました。





世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年8月マレーシア旅行(その27)・NH816(KUL-NRT)で帰国







こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア4日目、最終日。

搭乗時刻が近づいてきたのでゲートへと向かいました。クアラルンプール国際空港は、到着客と出発客の導線が一緒になっている代わりに、出発する際は、ゲートごとに待合室があり、その部屋に入るために再度セキュリティチェックがあります。

201808_KUL (250)



この仕組み、ゲートごとにセキュリティチェックの機器や要員が必要になるので、無駄なのではと思うのですが頑なに維持しています。バンコクのスワンナプーム国際空港も開港直後は、サテライトの付け根ごとにセキュリティチェックがありましたが、現在は出国審査前に一本化。クアラルンプール国際空港の場合は旅客導線を変えない限り無理なんでしょうね。

待合室で搭乗を待っていると、子供連れや上級会員さんから搭乗開始。やはり上級会員さんが多いです。

しばらくしてエコノミークラスの搭乗も開始。寝ていないためこの時点でかなりの眠気。席に座ってしばらくすると寝てしまっていました。

しかし、ドリンクサービスが始まるとなぜか目を覚ます習性があり、しっかりドリンクをもらいました。ほどなくしてミールサービスがあり、これまたしっかり食べて、その後はひたすら寝ていました。

201808_KUL (254)



本当は午後便が希望だったのですが、予約時点では空席がなかったため朝便を予約しました。前日まで午後便の空きが出ないかチェックしていたのですが、残念ながら特典航空券の空席は出ませんでした。

成田空港に到着してふらつきならが入国審査場へ。通路が狭いからか大混乱。「観光立国を目指す」なんていっていながら、この空港の入国審査場はウェルカムな雰囲気を感じません。なんとかならないものでしょうか。

自分は自動化ゲートを通ってさっさと手続きを済ませて、預けた荷物もないので税関へ直行。幸い、すんなり通してもらえてすぐに到着ロビーへと出られました。

この日は平日。電車で帰ると帰宅ラッシュの時間と重なるので、時間はかかるもののラクチンなバスで帰ることにしました。バスを待つためにロビーから外にでるとじっとりした暑さが身体にまとわりついてきます。マレーシアと変わらない気温。というか、マレーシアの方が快適だったような。単なる気分のせいでしょうか。

日本に帰ってくると、やはり安心感がありますが、またいろんなルールに縛られた生活に戻るのかと思うと暗い気持ちになります。そんな時は次の旅行の計画。ニンジンをぶら下げておかないと「やってられない」という生活が続いています。



世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年5月台湾旅行(その18)・CI108(TPE-NRT)で帰国の途に







こんにちは、ヴァンダーです。

搭乗ゲートへ行ってみると、20分搭乗開始が遅れるとアナウンスが流れていました。ラウンジでもう少しゆっくりしていればよかったかなと後悔。椅子に座ってボーっとしていると、近く日本人一家がどうやらスマホをなくしたらしく、auに緊急停止の連絡をしている声が耳に入ってきました。

201805KHH_TPE (256)



そういえば、自分もかつて香港国際空港で乗り継ぐ際に、スマホをなくしたことに気付き、ANAのスタッフと空港内を逆送したり、ドコモに電話をしてSIMカードの無効手続きをしたのを思い出しました。帰国した後にSIMカードの再発行をしてもらうのも一苦労でした。結局あのときは、Googleのデバイス検索でも見つからず、諦めるしかありませんでした。

搭乗待合室から外を見ていると、大陸の「中国国際航空」と台湾の「チャイナエアライン」が行きかっている瞬間がありました。

201805KHH_TPE (257)


そうこうするうちに搭乗開始。ビジネスクラスの乗客→上級ステータスの会員の順で搭乗開始となり、自分も2番目のグループで機内へ。荷物を置くスペースをゆっくり確保できるのはありがたいです。

ゴールデンウィークの最終日ということもあり、機内は満席。心なしか日本人キャビンクルーの人数が多かったように思います。

機内食は豚肉ご飯をチョイス。美味しくいただきました。

201805KHH_TPE (259)


食後はFire端末で読書をしていたのですが、途中から眠くなり、その後は寝入ってしまいました。降下開始のアナウンスで目が覚め、ボーっとした状態で成田空港に到着しました。

第2ターミナルに着くのは久しぶりです。このターミナルの入国審査の片側は夜遅い場合、閉鎖されていて、チャイナエアラインが着いたゲートからは、手前の入国審査場を通り越して、向こう側の入国審査場へ行く必要があります。外国人からすると「不便な空港。おもてなしの精神がない」と思われるのではないかと気になります。

入国審査手前には、免税店がオープンしていました。タバコやお酒を買いたい人には便利ですよね。他の商品も取り扱ってくれればいいのに。

201805KHH_TPE (260)


スカイライナーで帰宅しようと思ったのですが、あいにく次の列車まで待ち時間が長く、20分以上待つ羽目に。乗ってしまえば羽田空港を利用するのと所要時間はさほど変わらないのですが、このスカイライナーの運転間隔によって、成田空港の遠さを感じささせられます。

とはいえ、今回も4日間という短い期間でしたが、充実した旅を経験できました。



↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年5月台湾旅行(その1)・成田空港にて







こんにちは、ヴァンダーです。

デルタ航空の「スカイマイル」のマイルを使って、ゴールデンウィークの特典航空券を予約していました。行きは台北行きのフライトが取れなかったので、成田空港から高雄へのフライト、帰りは台北・桃園空港から成田空港へのフライトを予約しました。

成田空港を利用するのは久々。スカイライナーで第2ターミナルへ向かいました。荷物はあらかじめ「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」のサービスを使って、空港へ送っておきました。この「国際線手荷物無料宅配サービス」は6月から往路のみ、しかも500円の有料サービスに変わるので、今回が無料で使える最後の機会。しっかり利用させてもらいました。

201805KHH_TPE (1)



JAL-abcのカウンターでバックパックを受け取り、チャイナエアラインのカウンターへ。デルタ航空のゴールドメダリオン会員(スカイチーム・エリートプラス)なのでスカイプライオリティのレーンから入りました。

201805KHH_TPE (4)



チャイナエアラインに事前に電話をして座席指定をしていたのですが、その時点では後方座席しか指定できず、チェックインの際に前方が希望なら当日カウンターで確認するように言われていました。

そこで、「エリートプラス会員なので、前方席に空席があれば変更して欲しいのですが」と申し出たところ、会員番号を聞かれたのでデルタのアプリの会員証画面を提示。どうやら、会員番号が登録されていなかったようです。座席指定の電話をした際、伝えておけばよかったと後悔。

会員番号を入力してもらい、前方の座席の搭乗券とラウンジクーポンをもらってホッとしました。「今、会員番号を登録したので帰国便ではエリートプラス会員と認識されます」と案内がありました。

荷物は機内持ち込みにすると言うと、しっかり重さを量られました。機内持ち込みは7kgまで。ギリギリ7kgでした。バッグにはタグを付けられました。

201805KHH_TPE (17)



セキュリティチェックと出国審査を済ませて、チャイナエアラインのダイナスティラウンジへと向かいました。


■■■関連記事■■■

アプラス発行ゴールドカードの「国際線手荷物無料宅配サービス」が改悪





↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly