旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

映画

久しぶりに観たドイツ映画「ガーディアン」








16215291

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。


どこにも行けない昨今、動画配信で外国の映画やドラマを観ることが多くなったのですが、最近Amazonプライムで「ガーディアン」というドイツ映画を観ました。






きっかけは主演がティル・シュヴァイガー(Til Schweiger)だったこと。もう20年以上前のことですが同じく彼が主演している「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」という映画を映画館で観て、すごく引き込まれたことを思い出しました。

さて今回の「ガーディアン」ですが、ドイツ語の原題は「Schutzengel」。ドイツ語の読み方が正しければ「シュッツェンゲル」と発音して意味は「守護天使」。作品中にも会話で出てくる単語です。英語では「The Guardian」で邦題はこちらをそのままカタカナ読みして「ガーディアン」。なんだかしっくりきません。

肝心の映画の内容は、進行がじれったくて今ひとつでしたが、作品の中で「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を連想させるような会話がありました。


 男:海に来ていると想像しろ
 女:できない。見たことがないから
 男:なら連れて行ってやる


主演のティル・シュヴァイガーが監督もしている映画なので、何か伏線を張っているのでしょうか?

YouTubeに映画のトレーラーがあり、こちらの方が興味深かったかも。

SCHUTZENGEL - Afghanistan Reisetagebuch Teil 1

SCHUTZENGEL (GUARDIANS) - offizieller Special Trailer #1 engl. UT HD

内容はともかく、ハリウッド映画とはひと味違う趣を楽しめました。2021年8月時点で「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」はなぜかAmazonプライムで動画配信されていませんが、こちらの映画は本当におすすめです。








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


巣ごもり生活中に観た新型コロナを忘れられる作品








16215291

※画像:PIXTA




こんにちは、ヴァンダーです。

テレビを付けると新型コロナウイルスの話題ばかり2020年5月。情報過多で何やら疲れて、不安をかき立てられるばかり。そんな中、Netflixで観たコメディや突っ込みどころ満載で、しばし「新型コロナウイルス」を忘れられる作品をご紹介。



■「お!バカんす家族」(原題:VACATION)

家族の絆を取り戻すため、4000キロ先のテーマパークにドライブ旅行に向かう家族の物語。ロードムービーとも言えるかも知れませんが、お子様禁止の下ネタ満載。ドタバタコメディーで観ている間は何もかも忘れられます。


Vacation

<出典:Netflix>


そして、アベンジャーズシリーズでは英雄役の「クリス・ヘムズワース」が端役で出演。それもコメディタッチな役でいつもの英雄役からは想像もできない役を演じています。



■「ネイビーシールズ VS エイリアン」(原題:Alien Warfare)

研究所で科学者が突然姿を消すという不可解な事件が発生。その調査のために派遣された4人の特殊部隊の物語。タイトルからあの「エイリアン」シリーズを想像して観たのですが、突っ込みどころ満載で、チープさが半端ないです。


Alien Warfare

<出典:Netflix>


制作費をケチったのか、もともとB級作品を目指したのかは不明ですが、ある種、安心してみることができるエイリアンものです。



それにしても邦題はどのように付けられるのでしょうか? 「お!バカんす家族」は邦題が作品をダメにしているように思えます。「ネイビーシールズ VS エイリアン」は名前が過剰に期待を持たせます。

疲れたときには、頭の中を空っぽにして楽しめる作品を観てはどうでしょうか。



■■■関連記事■■■

巣ごもり生活だからこそ鑑賞できた作品






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


巣ごもり生活だからこそ鑑賞できた作品







16215291

※画像:PIXTA




こんにちは、ヴァンダーです。

2020年4月、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために発令された「緊急事態宣言」。その間、在宅勤務となり巣ごもり生活をしていました。

海外旅行はもちろん、ジムにも行けず、週に1~2回出社する以外は自宅に籠もりっきり。「一生の中でこんな生活は滅多にあるものじゃない。ゆっくりと過ごすか」と割り切り、初めは動画配信サービスで映画を観たりしていました(もちろん仕事の後です)。しかし、動画配信サービスだと版権の関係で自分が契約しているサービスでは観ることができない映画やドラマがありました。

特に自分が観たかったのは「三国志」のドラマとジョージ・オーウェル作の「1984」の映画。いずれも「GEO宅配レンタル」ののラインアップにあり、かつキャンペーンで旧作レンタルが安くなっていて20日間借りることができました。



■ドラマ「三国志」

中国で制作されたドラマで全95話。総制作費は25億円だとか。以前、地上波放送で一部を観たことがあったのですが、登場人物が多くてついて行けず断念しました。





巣ごもり生活中に第1話から一気に第95話まで観ることができて、ようやく全容がつかめました。それでも三国志に関しては知識が乏しいため「この将軍、いつから登場しているんだ?」「甲冑を着ているとみんな髭を生やしていて同じ顔に見える」なども多く、「字幕の漢字」に助けられた場面も多かったです。というのも吹き替えでは「曹操」も「曹爽」も同じ「そうそう」。漢字を見ると違いが分かります。

今から思えば、中国の当時の地図などを参考にしながら観れば、中国旅行に興味が持てたかもしれません。

壮大な「三国志」、巣ごもり生活中に観ることができて満足です。

ドラマ「三国志」についてのWikipediaの解説はこちら





■映画「1984」


ジョージ・オーウェル作の小説「1984」を原作に1956年に制作された映画です。もちろん白黒映画。この原作を読んだとき、1949年に出版された作品とは思えないほど未来を予言していると感じました。ディストピアな世界を描いた作品ですが、どこかお隣の大国を思わせるようなところがあり、全体主義の怖さを風刺しています。作品に出てくる「テレスクリーン」と呼ばれる壁に取り付けられた薄型の双方向テレビ、全体主義国家ではありえそうです。





1956年にこの映画が制作され当時、あの原作をどう映像化するのか頭を悩ませたことと思います。以前から気になっていた作品を映像で観ることができてよかったです。


映画「1984」のWikipediaの解説はこちら







↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly