旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

空港

2020年3月29日(日)から羽田第2ターミナルから国際線発着。カードラウンジはある?








こんにちは、ヴァンダーです。

2020年3月14日(土)に羽田空港のターミナル名称が「第1・第2・第3ターミナル」に変更になりました。そして2020年3月29日(日)から第2ターミナルでの国際線運用が開始となりました。

20200329_haneda_airport_change_2



これにより羽田空港での国際線発着が「大増便」となるはずでした。しかし、世界中での新型コロナウィルスの感染拡大により、国際線は運休に次ぐ運休。残念ながら新規に運用開始した第2ターミナルの国際線エリアはフル稼働とはいかなさそうです。

20200329_haneda_airport_change_1



第3ターミナル(旧国際線ターミナル)ではMICARD GOLDで航空会社共用ラウンジに「TIAT LOUNGE」が利用可能です。軽食やシャワールームの利用ができることもあり、仕事を終えて空港直行して深夜便で海外へ旅立つ際にとても便利で、そのためにMICARD GOLDを取得しました。

それが第2ターミナルの国際線が運用開始となり、同等のラウンジが設置されるのかが気になっていました。2020年3月29日(日)の時点での情報ですが、羽田空港のサービスサイトによると、第2ターミナル国際線エリアに「POWER LOUNGE PREMIUM」が航空会社(ANA)ラウンジとは別に設置されたようです。
※羽田空港の有料ラウンジ案内ページはこちら

そして、一部のクレジットカード会員は利用でき、ラウンジでは軽食やシャワールームのサービスが提供されるようです。この記事を書いている2020年3月29日(日)時点ではアプラス社がラウンジ一覧に「POWER LOUNGE PREMIUM」を対象ラウンジとしてサイトに掲載していました。


■第3ターミナルの「TIAT LOUNGE」

HND_T3_TIAT_lounge_



■第2ターミナルの「POWER LOUNGE PREMIUM」

HND_T2_power_premium_lounge_



■「POWER LOUNGE PREMIUM」についてアプラス社の案内

HND_T2_power_premium_lounge_aplus



それぞれのラウンジを利用できるカード会社を見てみると違いがあります。
※表記は羽田空港のサイトから引用。順番はわかりやすいように入れ替えました。

<第3ターミナル・TIAT LOUNGE>

三越伊勢丹グループ MICARD、TS CUBIC、Porsche Card、LUXURY CARD、マンチェスターユナイテッドカード


<第2ターミナル・POWER LOUNGE PREMIUM>

三越伊勢丹グループ MICARD、トヨタファイナンス、アプラス、アメリカン・エキスプレス、JACCS



第2ターミナルの「POWER LOUNGE PREMIUM」では「アメリカン・エキスプレス、JACCS」が利用可能カード会社としてTIAT LOUNGEより増えています。「アメリカン・エキスプレス、JACCS」社発行のどのカードが対象かはこの記事を書いている時点では不明ですが、自分も保有しているMICARDが対象になっていて安心しました(ゴールドカードが対象外になったら意味がないですが)。

引き続き、対象カードがどのレベルのカードになるのかなどは、ウォッチしていきたいと思います。




■■■関連記事■■■

羽田空港の「デルタスカイクラブ」はやはり「TIAT LOUNGE ANNEX」跡地だった

2020年3月29日(日)からANAの羽田空港発着の国際線が第2ターミナルと第3ターミナルに分れます

年会費5,000円のカードで羽田空港国際線ターミナルのTIAT LOUNGEが使える!




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その4)・厦門高崎国際空港でATMを探す








こんにちは、ヴァンダーです。

中国・厦門1日目。

中国ではVisaやMastercardなどのクレジットカードはほとんど使えません。銀聯カードを持っているものの、今回は現金を使う場面が多そうなのでATMでキャッシングをして現金を入手しておこうと思いました。

到着ロビーをうろうろしていると見つけたのが観光案内所のようなところ。厦門の地図があるか聞いたところ、中国人向けの中国語の地図を渡されました。外国人用はないようです。

201911 XMN (14)



ついでにATMの場所を聞くと上のフロアにあるとのこと。「やっぱり」と思いました。広州の空港でもATMはなぜか出発フロアにあったような記憶があります。

出発フロアに行くと、中国銀行の窓口がありその隣にATMがありました。

201911 XMN (17)



ATMはしっかり個室のようになっていて、中に入っている人がいたので外で待っていましたが、なかなか出てきません。

201911 XMN (15)



横から覗いてみると、引き出したお札を一枚一枚数えている様子。もしかしたらATMから偽札が出てくる? タイ人の知り合いが中国のタクシーでお釣りに偽札を混ぜられたと言っていたのを思い出しました。自分の番になり1万円分ぐらいの中国元をとりあえず引き出し。偽札が混ざっていても自分には分からないので、信用するしかありません。これでホテルまでのタクシー代や当面のお金はなんとかなるはず。

再び到着ロビーに戻ってタクシーでホテルへと向かうことにしました。

タクシー乗り場からタクシーに乗り込んで、あらかじめ簡体字でホテル名と住所を書いておいた紙を見せると頷いて出発してくれました。

車窓から見える景色はヤシの木が見えて南国風。途中から高速道路に入り、地下トンネルを通っていくのがなんだか首都高のようです。

途中事故渋滞がありましたが、40分ぐらいでホテルの裏口に到着。タクシー代は1,000円ぐらいです。タクシーにもWeChat PayのQRコードがありました。中国の人たちはスマホ決済で乗るんでしょうね。それが使えない外国人は不便です。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その3)・NH935(NRT-XMN)で中国・厦門へ








こんにちは、ヴァンダーです。

北ウィングの出国審査場から入ったのはコリアンエア(KE)のラウンジを使いたかったから。ここは成田空港で唯一、出国後のエリアでプライオリティパスが使えるラウンジです。

201911 XMN (2)



いつもならプライオリティパスのカードを出すのですが、直前にダイナースクラブから「グローバルマイレージの改悪のお知らせ」が届いていたので、ダイナースクラブカードを提示して入場。ダイナースクラブさんに課金が行くことでしょう。

中はそれなりに人がいますが、朝のコリアンエア便が出発した後だったので、そんなに混んでいませんでした。プライオリティパスで利用できる出国後エリアのラウンジはここだけなので、時間帯によってはコリアンエアやスカイチームの乗客優先で、プライオリティパス会員など入室を断られることがあるとか。

201911 XMN (3)



中は造りが古いためか電源がある席が意外に少なく、食事はおにぎり、パン、カップ麺程度。羽田空港国際線ターミナルのTIAT LOUNGE ANNEXのほうが充実しています。

201911 XMN (4)



とはいえ、コリアンエアの乗客でもないのにプライオリティパスやダイナースクラブ会員に開放してもらっているのはありがたいことです。

おにぎりとパンをいただいて、一休みしたあとゲートへと向かいました。自分がラウンジを出るときには受付に行列ができていました。

201911 XMN (5)



ANA935便は34番ゲートから出発。まだビジネスクラスの乗客の搭乗手続き中だったので、エコノミークラスのグループ3の列に並んでいると、後ろから中国人らしき女性が何やら中国語で聞いてきました。おそらく「なんで前に行かないのか?」と聞いてるのだと思って「まだビジネスクラスの乗客の搭乗案内中。エコノミークラスは次」と英語で言うも理解してもらえず、エコノミークラスの搭乗券でゲートを突破していました。ANAの係員もあっけにとられて通してしまったのか恐るべしです。さすがに彼女に続こうとした彼女と同じグループらしきエコノミークラスの乗客はANA係員に止められていました。このような人たちの国に行って、無事に旅ができるのか心配になりました。

ANA935便はANAの国際線にしては珍しくエアバス320型機でLCCのような通路1本の小型機です。厦門線の需要はこのくらいなのでしょうか。昔はボーイング767だったような気がするのですが。

小型機の場合、隣に人がいると圧迫感がありますが、幸い隣が空いていたのでゆったりと過ごせました。

出発の準備が整ったあと、機内アナウンスで中国への空路が混雑しているため、中国当局から待つように指示があり離陸が遅れると機長のアナウンスがありました。空の道も混むことがあるのですね。

機内では最近買った文庫本を読んでいました。機内食は予め予約しておいた低脂肪食。ここ2週間ほど胃腸の調子が悪く、脂っこいものが食べられなくなっていたので、事前に予約しました。

201911 XMN (9)



お味はこちらのほうがあっさりしていて美味しいんじゃないかと思えるお味でした。往路便でしか指定していなかったので、帰国便でも特別食を予約しようかと思いました。

フライトは中国大陸の海岸線に沿って、厦門に向かっていました。てっきり台湾海峡を通っていくのかと思っていました。

201911 XMN (10)



フライトは離陸に時間がかかったものの、定刻より早く到着して約4時間のフライト。台湾より遠くて香港より近い感じでしょうか。

201911 XMN (19)



空港の入国審査も混んでおらず、荷物もすぐに出てきたので、大都市でない空港ならではの便利さがあります。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年11月中国・厦門旅行(その2)・成田空港でスマートチェックイン初体験








こんにちは、ヴァンダーです。

厦門行きのフライトは成田空港から出発。第1ターミナルの南ウィングを利用するのは久しぶりです。

JAL-abcカウンターで荷物を受け取り、ANAのセルフチェックイン機で搭乗券と荷物タグを受け取ったあと、バゲージドロップに並ぼうとしたところ、係員からD列のほうが空いているからと違うカウンターを勧められました。行ってみるとそこは自分預け入れ荷物を機械に入れる「スマートチェックイン」のマシンが並んでいました。

確かに空いていますが、内心「全部乗客がやるのに、特段こちらにメリットがなく、航空会社側のコスト削減策だよな。自分でやるからボーナスマイルでもくれればいいのに」なんて思いながらそちらに向かいました。

セキュリティスタッフにパスポートと搭乗券の確認をされて、マシンの前へ。台にスーツケースを乗せると「荷物タグが読み取れない」と画面で表示。どこで読み取っているのか分かりませんが、スーツケースの下に入り込んでいた荷物タグを上に出すと読み込んで、搭乗券を読み取らせると手続き完了。

201911 XMN (1)



確かに利用客が少なかったので早かったですが、慣れていないとサポートスタッフがいなければ、機械の前であたふたしそうです。しかし、コスト削減が大好きな航空会社業界、おそらくこれからのチェックインはこれが主流になっていくのでしょう。

成田空港第1ターミナルはショッピングゾーンが充実しているので、ちょっとブラブラ店を眺めて、北ウィング側の出国審査から出国エリアに入ることにしました。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


羽田空港の「デルタスカイクラブ」はやはり「TIAT LOUNGE ANNEX」跡地だった








こんにちは、ヴァンダーです。

DL_HND



2020年夏ダイヤからフライトを成田空港から羽田空港にすべて移すデルタ航空。アメリカ系航空会社では最大の羽田発着枠を有するようになるようです。


そして、デルタ航空(DL)が羽田空港国際線ターミナル(新名称では第3ターミナル)に「デルタスカイクラブ」の設置に取り掛かったと、2020年2月11日(火)にリリースがありました。


DL_NANEDA_Skyclub

※デルタ航空のニュースリリースはこちら


2020年3月29日(土)のフライトスケジュールからデルタ航空の羽田発着便が大幅に増えますが、「デルタスカイクラブ」は2020年7月初旬のオープン予定でオリンピックに間に合うとアナウンスしています。

ラウンジの場所はやはり「TIAT LOUNGE ANNEX」のあったところ。そこがそっくりデルタ航空のラウンジになります。

DL_NANEDA_Skyclub_2



ところで3月29日以降、「デルタスカイクラブ」が完成する7月までの間、ラウンジ利用客をどこに誘導するのかが気になります。現在は「TIAT LOUNGE」がデルタ航空の指定ラウンジになっていますが、「TIAT LOUNGE」はANNEXが閉鎖されてしまい中央部分の1か所だけ。座席数86席の「TIAT LOUNGE」に便数が増えたデルタ航空の利用客や他の航空会社の利用客、MICARDやLUXURY CARDの会員を受け入れられるのでしょうか?

時間帯によっては、激混み・入場待ちになり、自分のようなMICARD GOLD保有者は「指定航空会社のラウンジ招待客優先で、カード会員お断り」にならなければよいですが。。。

デルタ航空の「スカイクラブ」完成後は、現在「TIAT LOUNGE」が指定ラウンジになっている
 チャイナ エアライン
 デルタ航空
 ガルーダ・インドネシア航空
 中国南方航空
 上海吉祥航空
 天津航空
 海南航空
 山東航空
 キャセイドラゴン
 ベトジェットエア
のうち、同じスカイチームの「チャイナ エアライン、ガルーダ・インドネシア航空」は指定ラウンジが変わると思われます。そして混雑が緩和されることを期待しています。

自分は解約しましたが「デルタゴールドAMEX」を保有しているカード会員は、スカイチーム系の航空会社利用時に新しい羽田空港の「デルタスカイクラブ」を利用できるようになるのがうらやましいです。



■■■関連記事■■■

羽田空港国際線ターミナルの「TIAT LOUNGE ANNEX」が閉鎖に!?

2019年8月マレーシア・ペナン旅行(その1)・珍しく混んでいたTIAT LOUNGE ANNEX

年会費5,000円のカードで羽田空港国際線ターミナルのTIAT LOUNGEが使える!

羽田空港国際線ターミナルのラウンジあれこれ








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly