旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

航空会社

【備忘録】IATAが新型コロナウイルスに関わる各国の入国規制に関するマップを公開









4473177

※画像:PIXTA




こんにちは、ヴァンダーです。

航空会社の業界団体の「IATA(国際航空運送協会)」が新型コロナウイルスによる各国の入国規制がインタラクティブに確認できるサイトを立ち上げたそうです。

Interactive Coronavirus (Covid-19) Travel Regulations Map (powered by Timatic)


IATA_COVID 19



感染の第1波が収まりつつあるヨーロッパでは域内の入国規制が緩和される動きにあります。そうした状況を確認できるツールとして公開されたようです。
※ニュースソースはこちら


将来、旅行の計画を立てる際の役に立ちそうなので備忘録として残しておきます。


しかし、いくら相手国が受け入れてくれても、日本入国の際に14日間の自主隔離が求められている状況では商用渡航以外には海外に行けそうにもありません。
※厚生労働省の水際対策のサイト(令和2年5月27日時点版)はこちら

IATAのマップを見ながら、空想旅行をする日々がまだまだ続きそうです。






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


一部の航空会社が旅行会社を通した予約の払い戻しを意図的に遅らせている?!








こんにちは、ヴァンダーです。

14969226

※画像:PIXTA


新型コロナウィルスの感染拡大により、航空会社は運休や減便を迫られ、さらに航空券のキャンセル対応で財政状態が逼迫。3月28日(土)のNHKニュースでは「ANAが1000億規模の借り入れ検討」とネットで流れていました。
※「ANAホールディングス 1000億円規模の借り入れ検討」のNHKニュースソースはこちら


ベトナム航空にいたっては国際線を4月30日(木)まで運休させるとのこと。
※ベトナム航空国際線運休のニュースはこちら


航空会社では新規予約は取れずに払い戻しや従業員の給与などで現金が出て行くばかり。そんな中、トラベルビジョン社のニュースで気になるものがありました。それは一部の航空会社で旅行会社を通じた予約の払い戻しについて、GDSと呼ばれるシステムを使ってのオートリファンドではなく、「RAN(Refund Application Notice)申請」と呼ばれる個別の手続きを義務付けているというものです。

これにより、旅行会社での手続きが煩雑になり手続きに時間がかかるばかりか、航空会社側でも申請受領から審査を経て払い戻しまでの時間が長期化するというもの。意図的に時間を稼いで手元資金を確保しようという航空会社の思惑でしょうか。
※トラベルビジョン社のニュースはこちら


トラベルビジョン社では3月25日(水)時点の情報として、オートリファンドを停止している航空会社として以下の航空会社を挙げていました。


オートリファンド禁止が判明した航空会社一覧
アエロフロート・ロシア航空(SU)、アビアンカ航空(AV)、エールフランス航空(AF)、オーストリア航空(OS)、ガルーダ・インドネシア航空(GA)、KLMオランダ航空(KL)、シンガポール航空(SQ)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、ターキッシュエアラインズ(TK)、フィジーエアウェイズ(FJ)、ベトナム航空(VN)、マリンド・エア(OD)、南アフリカ航空(SA)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)
(2020年3月25日15時現在)



自分は旅行会社で航空券を予約すると、フライトスケジュールの変更や欠航があった際、航空会社と直接交渉できず旅行会社を通じて行わなければいけないので、なるべく航空会社のサイトで予約するようにしています。そうすれば、代替便などの交渉がしやすくなるからです。

それに最近では航空会社が旅行会社を通じてフライトの予約を受け付けた場合に手数料を徴収するようになり、航空券代が直接航空会社で予約するよりも手数料分高くなることもあります。

今回の新型コロナウィルスの感染拡大で予約していたフライトが運休になったり、旅行を取りやめた場合、旅行会社で予約をしていると旅行会社に申し出する必要があります。上記のような対応が取られていると、払い戻しまでに時間がかかるかもしれません。







↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


「ロイヤル・エア・モロッコ(AT)」が2020年4月1日(水)からワンワールドに加盟








こんにちは、ヴァンダーです。

「ロイヤル・エア・モロッコ(AT)」が2020年4月1日(水)からワンワールドに加盟するそうです。

OW_AT

※ワンワールド発信のニュースはこちら


自分の中で、ワンワールドは「アングロサクソン系とその旧植民地のフラッグキャリアの集まり」という印象が強かったので、フランスの植民地だったモロッコのフラッグキャリアがワンワールドに加盟するのは意外でした。

スカイチームにはケニア航空、スターアライアンスには南アフリカ航空と他のアライアンスにはアフリカの航空会社が加盟していましたが、ワンワールドにはアフリカの航空会社がメンバー内になく、「ロイヤル・エア・モロッコ」がワンワールドに加盟する最初のアフリカの航空会社となります。

「ロイヤル・エア・モロッコ」が拠点とするカサブランカにはいつか行ってみたいものです。



■■■関連記事■■■

デルタ航空がLATAM航空に出資し、米大陸のネットワークを拡充






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly