旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

SIMカード

タイのdtacのプリペイドSIMカードがまさかの有効期限切れ。そこで試したのは?








14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

昨年2020年の新年をタイで迎えたのが通し昔のことのように感じます。

そして毎年1回以上タイに行っていたため、タイの通信会社dtacのプリペイドSIMカードの有効期限が到来していることに気付きませんでした。2020年の年末にネットからチャージして有効期限を延長しようとしたところ、なぜかできませんでした。

不思議に思って、dtacのSIMカードをスマホに挿入して、残高確認のコマンド(*101*9#)を送信すると、なんとその前の週で有効期限が切れていました。

しかし、チャージ残高はまだ残っているので、通話の受信などはできる状態のようです。このときは焦って、スクリーンショットを取ったりすることを忘れてしまいました。

そこで試したのが、コマンド送信で有効期限が延長できないかということ(アプリからもこの時点ではチャージできませんでした)。

dtacのプリペイドSIMカードは「Jaidee Day Giveaway」というサービスがあり、SIMカードを「200バーツ以上」かつ「1年以上」利用していれば、少額の支払いで有効期限が延ばせるサービスがあります。
※以下のサイトの「Jaidee Day Giveaway」のところに詳細説明があります。
https://www.dtac.co.th/en/prepaid/services/jai-dee.html


dtac_daygiveaway



わらにもすがる思いでコマンド送信をしてみたところ、幸運にも有効期限の延長ができました。

【Day Giveawayのコマンド】
30日延長(3バーツ):*113*30*9#
90日延長(9バーツ):*113*90*9#
180日延長(15バーツ):*113*180*9#


実は、シンガポールで購入したStarHubのプリペイドSIMカードの有効期限に気付かず、昨年無効にさせてしまったことがあり、もったいない思いをしました。今回はタイのプリペイドSIMカードを無効にさせずに済み、ホッとしました。

「プリペイドSIMカードだからまた買えばいいのでは?」と思われるかも知れませんが、タイの銀行口座に登録済みの電話番号だったので、できればそのまま利用したかったのです。それにタイ人の友人からもらった電話番号で思い出があったということもあります。

海外に行けるようになるのは、2022年以降かもしれませんが、それまでプリペイドSIMカードの有効期限には気をつけたいと思います。



■■■関連記事■■■

2020年の年末はタイで年越しの予定でした







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


「0SIM」の移行先で悩み中







4602741

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

2020年8月31日で終了するnuroモバイルの「0SIM」サービス。SMS付で500MBまで150円(税別)で維持できたため、普段使っていない端末用に持っていました。

そのままnuroモバイルの「お試しプラン(D)」に移行を考えていたのですが、IIJ社がau回線で従量制のプランを発表し、これがいいのではないかと思えてきました。

IIJ社の「従量制プラン(タイプA/au網)」はすべてSMS付プラン。そして1GBまでは480円。
※「従量制プラン(タイプA/au網)」について詳しくはこちら


【最低料金での比較】 ※SMS付き、税別

・nuroモバイル お試しプラン(D):0.2GBで450円
・IIJ 従量制プラン(タイプA/au網):1GBで480円


【終了する0SIMの料金表】

0SIM_plan



【nuroモバイルの料金表】

nuro_plan



【IIJ 従量制プラン(タイプA/au網)の料金表】

IIJ_au_plan_1




今まで0SIMを挿して使っていたのが、メインでないiPhone。SIMロック解除済みなのでau回線にも対応しています。au回線なら格安SIMでもそれなりに速度が出そうですし、nuroモバイルだと0.2GBを消費した後の速度制限が心配。

ということで気持ちは「このまま0SIMは自動解約。9月になったらIIJ申込み」となっています。

初期費用も9月30日までキャンペーン中、というのも気持ちが揺れた理由です。


【IIJ初期費用1円キャンペーン】

IIJ_au_plan_2



電話番号を変更した場合、iPhoneで使っていた「d払い」のアカウントの変更手続きが必要なのか(もともとMVNOで使っていたから電話番号紐付けでないはず)など調べつつ、移行期限の8月30日まで悩むことにします。



■■■関連記事■■■

とうとう「0SIM」サービスが終了。代替プランはどうする?





↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年年末年始タイ・バンコク旅行(その12)・チャンギ国際空港でStarHubのプリペイドSIMカード購入。そしてラウンジは激混みだった








こんにちは、ヴァンダーです。

バンコクからのSQ997便はターミナル2に到着。チャンギ国際空港は到着客と出発客の導線が分けられていないので(羽田空港第1ターミナルのような感じです)、到着客もいきなり出発フロアに出ることになります。以前はあったのか記憶がないのですが、到着客用にロープが張られていて、セキュリティチェックがありました。ただし、水のボトルについては何も言われず持って行くことができました。


201912_BKK (248)



次の関空行きのフライトはターミナル3から出発するので、シャトルでターミナル3へ移動。入国審査手前にStarHubのSIMカードを売っているブースがあったので覗いてみました。


201912_BKK (252)



以前からStarHubのプリペイドSIMカードがアジア内で便利だと聞いていたので興味があったのです。ただし、シンガポールではSIMカード購入に身分証明書(パスポート)が必要なため、Amazonなどの通信販売では買うことができません。てっきり入国しないと買えないかと思っていたら、制限エリア内にブースがあったので俄然欲しくなってしまいました。


201912_BKK (251)

201912_BKK (250)



あいにくシンガポール以外でのローミング付きプリペイドSIMカードは50シンガポールドル(約4,000円)のものしかありませんでしたが、翌月にマレーシアに行くことになっていたのでその際に活用できるため購入。パスポートを提示し、その場でアクティベーション。アクティベーションをせずに買うことができないか(翌月マレーシアで使用する際にアクティベーションしたかった)と聞いたところ、購入したタイミングでアクティベーションが必要とのこと。仕方がないのでそのまま購入し、このトランジットの間にせいぜい活用しようと思いました。


201912_BKK (253)



チャンギ国際空港は免税店などのショップが充実。しかしこのときはシンガポールドルが高くて(1シンガポールドル=約81円)、買い物するにはあまりおトクに感じませんでした。でも実家への土産などを買ってシンガポール航空のSilverKris Loungeラウンジへと向かいました。このラウンジはシンガポール航空のビジネスクラス以上の乗客向けのラウンジ。スターアライアンス・ゴールドメンバーは別のKrisFlyer Goldラウンジが指定ラウンジになります。「ゴールドの方がシルバーより上じゃないの?」と思いますが、本拠地チャンギ国際空港ではシルバーの方がシンガポール航空専用となっています。


201912_BKK (268)



さぞかし豪華なのだろうと期待して向かうと、年明けの帰国ラッシュに重なったのか、ほとんど満席。それに電源付きの座席も少なくあまり快適そうな雰囲気ではありません。


201912_BKK (258)



とりあえずシャワーを浴びたかったので、シャワールームに行ってみるとすぐに案内してもらえたものの、中は暑くてシャワーを浴びたあと、なかなか汗がひきませんでした。カタール航空を利用した際のドーハ国際空港のラウンジを思い出します。やはりシャワールームが快適だったのは香港のキャセイパシフィック航空のラウンジでしょうか。自分がシャワールームを使っている間に空き待ち状態になっていたようで、すぐに利用できてよかったです。

201912_BKK (262)

201912_BKK (261)

201912_BKK (260)



シャワーを浴びた後は、座席探し。奥の方に電源が近くにあるソファが運良く空いていました。電源はあるのものユニバーサルタイプではなくシンガポールタイプの差し込み。無印良品で買ったプラグアダプターを使ってスマホやFire端末を充電。先ほどアクティベートしたStarHubのSIMカードに入れ替えると、快適にネット通信ができました。

201912_BKK (266)

201912_BKK (264)

201912_BKK (265)

201912_BKK (267)



少し食事をいただいたりしたのですが、何しろ次から次へと人が入ってくるので、落ち着かず一旦ラウンジを出ることにしました。というのは、チャンギ国際空港にはプライオリティパスで使えるラウンジがたくさんあります。他のラウンジを試してみたかったのです。

お隣にあったSATS Premierラウンジへ向かいました。


201912_BKK (269)



プライオリティパスのカードと搭乗券を提示すると「シンガポール航空ビジネスクラス客向けのラウンジは隣だよ」とスタッフに言われましたが「あっちにいたけど混雑していて快適ではないのでこちらに来た」と答えると「ここも混んでいるよ」と言われました。中に入ってみると、やはり混んでいました。ここはワンワールド系の航空会社の指定ラウンジにもなっているため、混んでいるのでしょうか。


201912_BKK (277)

201912_BKK (272)



それでもSilverKris Loungeラウンジよりはマシで運良く個室感覚の座席を確保できました。


201912_BKK (279)

201912_BKK (276)



こちらのラウンジの方が落ち着きます。SATS Premierラウンジは電源も豊富で、しかもユニバーサルタイプ。搭乗時刻が近づくまでこのラウンジで休むことにしました。ミニケーキとドリンクをいただきながら旅行記録をノートに付けて過ごしました。

201912_BKK (275)













↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


とうとう「0SIM」サービスが終了。代替プランはどうする?






こんにちは、ヴァンダーです。

0SIM



自分が利用するとサービスが終了してしまうというジンクスがあります。今回は500MBまで無料で利用できるnuroモバイルの「0SIM」サービスが終了することになりました。


0SIM_terminate_20200217

※0SIMサービス終了のお知らせはこちら


自分の場合、SMSのサービスをつけていたので、毎月の支払いは150円(+税)。通信速度は激遅ですが、この料金で500MBまで利用できていました。

サービス終了日は2020年8月31日(月)。6月からnuroモバイルの通常プランへの移行受付開始となり、移行手続きをすればSIMカードを交換することなく利用し続けられます。

ただし、料金は「データ+SMS」の最安プラン(0.2GBまで)で450円(+税)と今までの3倍。しかも容量超過すると通信速度は「32kbps程度まで制限」と厳しい内容。

nuro_price



完全にサブで利用している端末に入れているSIMカードなのでそんなに容量は必要ありませんが、200MBを超えると「32kbps」って、ウェブサイトの読み込みにどれだけ時間がかかるのか想像もできません。

代わりの候補は以前このブログでも紹介した日本通信の「190PadSIM」でしょうか。「データ+SMS」で100MBまで320円(+税)。それを超えると1GBまで610円(+税)という従量制の料金体系。毎月の維持費だけを考慮するとこちらが安そう。


一方、速度は我慢して容量が増えても料金が変わらないのがロケットモバイルの「神プラン」。速度は200kbpsですが、どんなに使っても一律。料金は「データ+SMS」で448円(+税)とnuroモバイルの「お試しプラン(0.2GB)」よりちょっぴり安いです。

rokemoba_SIM



サブ機とはいえ、スマホ決済の電話番号として登録してあるので、電話番号変更の手続きなどを考えると、このままnuroモバイルの「お試しプラン」に行くのが順当でしょうか。

日本でも海外のように「必要なときだけデータプランを付けられる」プリペイドSIMカードのサービスがあればいいのに、と思えてなりません。



■■■関連記事■■■

月額320円でSMSができるデータSIM

月150円でSMSができるデータSIMを維持する方法





▼【クーパービジョンが超特価!】




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

AIRSIMを新バージョンに交換してもらった。ついでに20香港ドル分のチャージをゲット!







こんにちは、ヴァンダーです。

airsim



2019年12月の初旬、香港のAIRSIMの会社からメールが届きました。そのメールは新バージョンのSIMカードに交換を促すものでした。新バージョンのSIMカードでは、通信速度が速くなりパフォーマンスが増すとのこと。そして、交換すれば20香港ドル分のチャージもしてもらえるとありました。

20191206replace_1



自分は2枚のAIRSIMを持っているのですが、その案内が届いたのは一方のアカウントの分だけ。もう1枚は交換しなくていいのか、WhatsappアプリからメッセージでAIRSIMのカスタマーサポートに問い合わせました。SIMカードに記載のアカウント番号を聞かれたので、アカウント番号を送るとそのSIMカードも旧バージョンであることが判明。

2枚とも同じように専用のリンクから申し込めば交換してくれることになりました。専用サイトからリプレイスの申込みをしました。

20191206replace_2




そして、10日ぐらいしてからでしょうか、1枚目の新AIRSIMが届き、さらに2日後に2枚目のAIRSIMが届きました。

AIRSIN_replacrment_201912




同封の案内には、旧SIMカードから新SIMカードにチャージ済みの残高移行のURLも掲載されており、そのサイトから新旧のアカウント番号と新SIMカードのアクティベーションコードを入力すると、残高移行ができました。

20191222transfer

20191222transfer_2



そして、AIRSIMアプリで一旦ログアウト、新SIMカードでログインすると20香港ドル分がチャージされていました。

現地でSIMカードのカウンターに並ぶ必要がなく、1日500MBまで使えるAIRSIM。同様のeSIMが他社からも発売されていますが、1日あたりのデータ上限が300MBのものが多いので、気持ち的にAIRSIMが安心です。それにカスタマーサポートセンターへの問い合わせがWhatsappアプリからできるのも便利です。

ユーザーサポートをしっかりしてくれるAIRSIM。ますます好感が持てるようになりました。



■■■関連記事■■■

「AIRSIM」が香港のセブンイレブン、日本のAmazonでも購入可能に






↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly